【この差って何ですか?】干ししいたけのもどし方!お湯?氷水?グアニル酸アップで高血圧予防!

テレビで紹介 健康

2019年1月15日テレビ番組の、この差って何ですか?で放送された、高血圧予防のきのこの干ししいたけ、血液の塊を分解し血液さらさらになり血圧を下げる「グアニル酸が増えるもどし方」を紹介します。

グアニル酸は、血液の塊を分解するため血液さらさらになり血圧を下げる。

このグアニル酸が多いのが干ししいたけ。この干ししいたけのグアニル酸の量を増やすことができるもどし方をご紹介!



スポンサーリンク

干ししいたけのもどし方!グアニル酸アップで高血圧予防!

グアニル酸が増えるもどし方

・氷水でもどす

※グアニル酸は、10~50℃だと分解されて減少してしまう。水温5度以下でもどすと多く残る。

※氷水などに浸し、冷蔵庫でもどすのがおすすめ!

スポンサーリンク

合わせてチェックしたいテレビ放送

【この差って何ですか?】シイタケとショウガのアヒージョのレシピ!高血圧予防に効果的

【この差って何ですか?】キノコの健康効果!インフルエンザ予防におすすめは?

【この差って何ですか?】白菜の黒い点はスゴイ!食べるべき理由は?

今日の感想とまとめ

糖分や脂を摂りすぎると血管に血液の塊ができてドロドロ状態になり、その結果血流が悪くなり血圧が上昇。

さらに冬は運動不足で血液がドロドロになりやすいので血圧が高い人は要注意です。

干ししいたけを積極的に摂り入れたいです。

スポンサーリンク

ページの先頭へ