【この差って何ですか?】今と昔で違う調理方法!お米のとぎ方?ハンバーグの作り方?煮物?しらたき?

テレビで紹介 生活

2019年1月15日テレビ番組の、この差って何ですか?で放送された、「今と昔で違う調理方法」を紹介します。



スポンサーリンク

今と昔で違う調理方法

①お米はほとんどとがない
精米技術が進歩し、汚れやヌカがないのでほぼ洗わなくていい。

②ハンバーグのタネは手でこねない
棒を使い、肉を押した方がいい。手で触りすぎてしまうと、体温でお肉が溶け、肉の間に隙間ができてしまう。結果、焼いた時に、肉汁が漏れてしまう。

③煮物は弱火で煮続けることで味が染みる
煮ものは冷ますと言われていたが、それは冷めていると、味が濃く感じるからだった。そのため、昔は冷ました方が味が染みると言われていた。実際は、1時間弱火で煮続けた方が、味が染みていた。

④しらたきが肉を固くするのは誤解
肉は加熱すると硬くなる。しらたきに含まれる成分が、肉を硬いすると思われたことがきっかけ。

スポンサーリンク

合わせてチェックしたいテレビ放送

【この差って何ですか?】白菜の黒い点はスゴイ!食べるべき理由は?

【この差って何ですか?】キノコの健康効果!インフルエンザ予防におすすめは?

【この差って何ですか?】マイタケとゴボウの簡単きんぴらのレシピ!免疫力アップ

 

今日の感想とまとめ

全て驚きの真実でした!次から気を付けたいと思います!

スポンサーリンク

ページの先頭へ