【この差って何ですか】小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけのレシピ!骨粗しょう症に効果(2月19日)

テレビで紹介(番組別) レシピ

2019年2月19日テレビ番組のこの差って何ですか?で放送された、冬野菜の健康効果&作りおきレシピ、骨粗しょう症に効果な「小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけのレシピ!」をご紹介します。

骨粗しょう症に効果的な冬の野菜は小松菜!


スポンサーリンク

小松菜とちりめんじゃこの生ふりかけのレシピ!骨粗しょう症に効果

<700mlの保存容器がいっぱいになるほど>

材料

・小松菜 400g
・ちりめんじゃこ 60g
・白ごま 大さじ4杯
・ごま油
・塩 少々

作り方

1. 小松菜を洗い細かく刻んで、ごま油を入れたフライパンで3分ほど炒める

2. 熱を取ったらちりめんじゃこと白ごま、塩少々を入れる

3. 完成(おにぎり、稲荷寿司にしても美味しい)

小松菜とちりめんじゃこと一緒に摂ると、カルシウムの吸収率が上がる!

小松菜はカルシウムが豊富。
ちりめんじゃこにはビタミンDが入っていて、一緒に取るとカルシウムの吸収率アップ。


今日の感想とまとめ

ふりかけがとても美味しそうで、おにぎりとしても食べられて一石二鳥な料理でした!

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ