【きょうの料理】高城順子さんのなす使い切りレシピ3品!なすと白身魚のマスタードマリネ・なすと鶏肉の甘酒みそ煮・塩もみなすのごまナムル(7月3日)

テレビで紹介(番組別) きょうの料理

2019年7月3日NHKテレビ番組のきょうの料理のなす使い切りシリーズの3日目で放送された、「【きょうの料理】高城順子さんのなす使い切りレシピ3品!なすと白身魚のマスタードマリネ・なすと鶏肉の甘酒みそ煮・塩もみなすのごまナムル(7月3日)」の材料と作り方をご紹介します。教えてくれたのは料理研究家の高城順子さんさん。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら



スポンサーリンク

なすと白身魚のマスタードマリネのレシピ

材料(つくりやすい分量)

なす:5~6コ(400~480g)
好みの白身魚(切り身):4切れ(400g)
たまねぎ(薄切り):1/3分(約70g)

<A>
サラダ油:大さじ2と1/2
酢:大さじ2弱
粒マスタード:小さじ1/2~1
はちみつ:小さじ1/2
塩:小さじ1/3


こしょう
小麦粉
揚げ油

作り方

【なすを揚げ焼きにする】

なすはヘタを切り落として1センチ厚さの輪切りにし、塩・こしょう各少々をふっておく。

白身魚は2~3等分に切って塩・こしょう各少々をふり、小麦粉を薄くまぶす。

フライパンに1センチ深さまで揚げ油を入れて170°Cに熱し、水けを拭いたなすを入れる。

薄いきつね色になるまで揚げ焼きにし、油をきる。

【白身魚を揚げ焼きにする】

1のフライパンに白身魚を入れ、薄いきつね色になるまで揚げ焼きにし、油をきる。

【あえる】

たまねぎは水にさらし、水けをきる。

ボウルになす、白身魚、たまねぎを入れ、混ぜ合わせたAを加えてあえる。

すぐに食べられる。

保存期間

冷蔵庫で3~4日間保存可能

スポンサーリンク

なすと鶏肉の甘酒みそ煮のレシピ

材料(つくりやすい分量)

なす:5~6コ(400~480g)
鶏もも肉:2枚(500g)

<A>
だし:カップ1と1/2~2
酒:大さじ6

甘酒:カップ1
ごま油
みそ

※甘酒はアルコール分のないもの

作り方

1. なすはヘタを切り落として大きめの乱切りにし、水にさらして水けをきる。鶏肉は1枚を6等分に切る。

2. 深めのフライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、鶏肉を皮を下にして入れる。

焼き色がついたら裏返し、 同様に焼く。

なすを加えて炒め、油が回ったらAを加える。

煮立ったらアクを取り、落としぶたをして弱火で20分間煮る。

3. みそ大さじ3~4を2の煮汁少々で溶きのばし、2に加える。中火にして混ぜ、煮立ったら甘酒を加え、弱火にして時々混ぜながら10分間煮る。

保存期間

冷蔵庫で3~4日間保存可能

塩もみなすのごまナムルのレシピ

材料(つくりやすい分量)

なす:5~6コ(400~480g)

<A>
しょうゆ:大さじ1
にんにく(すりおろす):小さじ1/2~1
塩:少々
こしょう:少々

白ごま:大さじ1と1/2

ごま油

作り方

1. なすはヘタを切り落とし、縦半分にしてから斜め薄切りにする。

塩小さじ2/3をふって軽くもみ、少ししんなりするまでおいたら、さらにもむ。

水カップ1を加えて混ぜ、水けを絞ってボウルに入れる。

2. 1にA、ごま油 大さじ1を加えてあえ、粗く刻んだ白ごまを加えて混ぜる。

保存期間

冷蔵庫で3~4日間保存可能

おすすめ記事!

今日の感想とまとめ

参考になりました。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ