【きょうの料理】小田真規子さんのおせちレシピ3品(赤ワイン黒豆・重ねだて巻き・キャラメルナッツ田作り)!塩分&甘さひかえめ手づくりおせち(12月16日)

テレビで紹介(番組別) レシピ きょうの料理

2019年12月16日NHKテレビ番組のきょうの料理の塩分&甘さひかえめ手づくりおせちで放送された、「小田真規子さんのおせちレシピ3品(赤ワイン黒豆・重ねだて巻き・キャラメルナッツ田作り)」の材料と作り方をご紹介します。教えてくれた講師は料理研究家の小田真規子さん。つくりおきや弁当のおかずにもおすすめ!

「きょうの料理」の記事一覧はこちら



スポンサーリンク

赤ワイン黒豆のレシピ

普通に作ると2201キロカロリー(全量)が、1559キロカロリーに(全量)!

材料(つくりやすい分量)

黒豆(乾):カップ1 (150g)
こんにゃく(白):1/2枚(200g)

<A>
水:カップ5
砂糖:200g

<B>
赤ワイン:カップ1
しょうゆ:大さじ1

作り方

工程1

黒豆はサッと洗い、ざるに上げて水けをきる。

鍋にAを入れて中火にかけ、2分間煮立てたら黒豆を加える。

ふたをして火を止め、一晩(6~12時間) おいてシワのない状態に戻す。

※大粒の豆は10~12時間、小粒は6~8時間が目安。

工程2

こんにゃくは1センチ角に切り、熱湯で3分間ゆでてざるに上げる。

工程3

1の鍋を中火にかけ、煮立ったら弱火にしてアクを取る。

ぬらした紙タオル(不織布タイプ)で落としぶたをし、さらにふたを少しずらしてのせる。

やっとフツフツするくらいの弱火で1時間ほど煮る。

工程4

こんにゃく、Bを加えて一度煮立て、再び紙タオルをかぶせる。

ふたを少しずらしてのせ、弱火にして1~2時間煮る。

途中で水面から豆の頭が出るようなら、水をカップ1/4ずつ加える。

※こんにゃくを加えるので、エネルギー量が大幅ダウン!

工程5

豆に竹串を刺してやっと入るくらいの柔らかさになったら、ふたをして火を止める。

そのまま粗熱が取れるまでおき、冷蔵庫に半日(約6時間)以上おいて味をなじませて完成。

※かみごたえを残して仕上げることで、食べすぎを防ぐ。

保存

冷蔵庫で1週間

スポンサーリンク

重ねだて巻きのレシピ

普通に作ると684キロカロリー、 塩分3.2g(全量)が、537キロカロリー、 塩分2.8gに(全量)!

材料(つくりやすい分量)

はんぺん:1枚(130g)
卵:4つ

<A>
砂糖:大さじ2
みりん:大さじ1

サラダ油

作り方

工程1

はんぺんはちぎり、卵、Aと一緒にフードプロセッサーに入れる。

なめらかになるまで1分間ほどかくはんして、生地をつくる。

工程2

13×18cmほどの卵焼き器にサラダ油を薄くひいて中火でよく熱し、ぬれ布巾の上に10秒間ほど置く。

1の生地大さじ4を卵焼き器の手前2/3に流し、スプーンで四角く平らにならす。

工程3

弱めの中火で2分~2分30秒間焼き、周りが焼けてきたらまな板にとる。

工程4

2と同様にしてサラダ油をひいて生地を流し、弱めの中火で1分間焼く。

表面がフツフツしてきたら3を焼き色がついている面を下にしてのせ、そのまま1分~1分30秒間焼いてまな板に取り出す。

※焼き色をつけると、甘みを感じやすくなる効果が。さらに焼いた面を「重ねる」ことで、より「甘く」。

工程5

生地がなくなるまで4を3~4回繰り返す。

最後に全面に軽く焼き色をつけ、アルミ箔で包んで粗熱を取り、食べやすく切って完成。

※時間をおくと、甘みが全体になじむ。

保存

冷蔵庫で1週間

キャラメルナッツ田作りのレシピ

普通に作ると塩分7.4g(全量)が、塩分1.7gに(全量)!

材料(つくりやすい分量)

ごまめ:30g
カシューナッツ(素焼き):40g
ドライフルーツ(クランベリー、 レーズン、マンゴーなど) :(合わせて)50g

<A>
砂糖:50g
水:大さじ1

サラダ油
バター

作り方

工程1

小さめのフライパンにごまめを入れて弱火にかけ、絶えず揺すりながら15分間ほどいる。

ごまめが薄く色づいたら、ざるにとってかすをふるい、粗熱を取る。

バットにアルミ箔を敷き、サラダ油を薄く塗る。

工程2

カシューナッツは4~6等分に切り、ドライフルーツは大きければ、ナッツと同じくらいの大きさに切る。

工程3

1のフライパンをよく拭き、Aを入れて軽く混ぜ、中火にかける。

触らずに5分間ほどして薄い褐色になってきたらバター10gを加え、溶け始めたら火から下ろす。

砂糖を焦がして香ばしくする「キャラメリゼ」&バターの香りで満足感をプラス。

工程4

ごまめ、2をフライパンに加え、 ゴムべらや箸でそのつど混ぜる。

1のバットに広げ、手早く冷まして完成。

※ごまめにナッツやドライフルーツなの素材を加えるので、かむ回数が増え、食べすぎ防止に。

保存

冷蔵庫で1週間

今日の感想とまとめ

参考になりました。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

この記事も読まれています
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ