【この差って何ですか】サケ缶は老眼に効果的!2週間で効果あり!さらにパワーアップする食べ方は?(2月12日)

テレビで紹介(番組別) 健康

2019年2月12日TBSテレビ番組のこの差って何ですか?のサケ缶・イワシ缶健康効果の差で放送された、「サケ缶は老眼に効果的!2週間で効果あり!」を紹介します。

サケ缶は老眼の改善効果がバツグン!

早見優さん(52歳)はサケ缶を2週間食べ続けた結果、老眼度2から1に改善しました。



スポンサーリンク

サケ缶は老眼に効果的!2週間で効果あり!

サケ缶のアスタキサンチンが老眼の改善効果!

水晶体の厚みを変えてピントを合わせるが、年を取ると活性酸素が増え毛様体筋を攻撃するため、毛様体筋が衰え、水晶体の厚みを変えられないため老眼になる。

サケ缶のアスタキサンチンは活性酸素を攻撃し取り除いてくれるため、毛様体筋の機能が復活してピントが合う。

ただし、水晶体が完全に固まると難しい。加藤さんくらいの49歳なら大丈夫ということでした。

サケ缶をどれくらい食べると老眼が改善?

1日1缶(200g)2週間食べると老眼の改善が見込める!

紅鮭の缶詰がおすすめだそうです。

1缶を3食に分けてもOK。

よりパワーアップ!おすすめのメニュー

サケ缶をごま油で炒めたサケフレークがおすすめ!

油と一緒にとるとアスタキサンチンが溶け出すため、液状になり腸での吸収率が上がるため効果がさらに高まる。

吸収されたアスタキサンチンは血管を通って目にたどり着くのですが、その道中で活性酸素と戦ううちに目にたどり着く前に減ってしまうが、ごま油に含まれるセサミンがアスタキサンチンを保護するため、より多く目に届く!

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

サケ缶もサバ缶のように売り切れ続出になるか心配です。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ