フロントガラスの霜取りは使わなくなったアレでたった1分!

生活全般


これから冬になり、どんどん寒くなっていきます。

車を持っている方なら、この季節になると朝、車のフロントガラスが凍っていることありませんか?

毎日のように寒い冬でしたら、前の夜に毛布を掛けて、凍らないように予防することもできます。

しかし、まだ毎日が寒くなるとは限らないこの季節。翌日の最低気温が2ケタだったら、毛布を掛ける作業も大変だしと、しないこともあるのではないでしょうか。

そして天気予報が外れ、朝起きると思いもよらない寒さだったり、またついフロントガラスを覆うことを忘れてしまった場合、フロントガラスはバキバキに凍って真っ白になっているでしょう。

また当日、急に朝、出かけることになった場合、前日はそんな予定を立てておらず何も対処しなかったので、フロントガラスが凍っていたという事もありませんか?

フロントガラスの霜取りは、使わなくなったプラスチックのカードがいいですよ!

たった1分ほどでできます!



スポンサーリンク

熱湯をかけるのは実は危険!

こんな時、昔はフロントガラスが凍っていると、沸かしたお湯を掛けて溶かしていました。

が、凍ったフロントガラスに熱湯を掛けることはすごく危険なことなんです!

ガラスは温度変化に弱いうえ、フロントガラスは衝突時の飛散防止に複層ガラスの構造になっています。

お湯を掛けることでガラスは膨張するため、複数のガラスが膨張でぶつかり逆に割れてしまう恐れがあります。

フロントガラスの霜取りに、絶対に熱湯を掛けることはしないでください。

スポンサーリンク

エンジンをかけてヒーターで温めるのは?

また車に乗って、エンジンをかけ、ヒーターでフロントガラスを温めて溶かす方法もあります。

しかし、この方法ですぐに視界がはっきりする場所は、中央部分だけ。

上と左右の端は白いままで、視界がすっきりしません。

では、フロントガラスが凍ってしまったらどうすればいいのか?

フロントガラスの霜取りにプラスチックのカードを使う方法!

これを解決するのは、1枚のカードです。

カードと言っても今はたくさんの種類があります。

特にこれというものはないですが、材質は硬いプラスティック製のカードがおすすめです。

カードをフロントガラスに対し、斜めに当て、そのまま下に下げていきます。

端から一枚分のスペースずつ、横に横に移動する感じもいいです。

フロントガラスの氷を剝ぎ取る感じです。

紙製のカードだと、濡れてヨレヨレになったり、破れたりするのでプラスティック製がいいんです。

診察券、ガソリンスタンドの会員証など。

割れてしまったり、剝ぎ取った氷の破片で磁気部分が傷ついてしまい使えなくなってしまう可能性もあります。

なのでカードは、もう使っていないカードで氷を剝ぎ取ったほうがいいでしょう。

カード一枚分のスペースずつフロントガラスを移動する感じで、全面の氷を剝ぎ取ってください。

寒いので手袋をして、カードで剝ぎ取ればたった1分ほどで霜が取れます。朝の忙しい時間にはカードがあればかなり助かります。

まとめ

これからの季節、寒い日が続くので、ほぼ毎日、フロントガラスが凍ってしまうと思います。

使うのはいらなくなった硬いプラスティック製のカード!

たった1分ほどでできます!

フロントガラスに対し、斜めに当て、そのまま下に下げてフロントガラスの霜を取り除いてください。

だんだん寒くなってくると毎日ガラスが凍ってしまいますよね。

そんな季節になったらぜひ試してみてください。

フロントガラスが凍るようになってきたら、いらなくなったプラスチック製のカードを車の中に入れておくと、朝、助かりますよ。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ