ディズニーに水筒は持ち込み可能なの?ペットボトルもOK?

生活全般


みんな大好きディズニーランド、ディズニーシーですが、
1日中歩くので必須なのが水筒です。

夏場は暑いし、冬場は体が冷えるということもあり、
冷たい飲み物・温かい飲み物を飲みたくなるのが普通です。

夢と魔法の国と称され、世界観にこだわりのあるのがディズニーです。
また、お客も根強いファンから家族連れまで様々です。

よく聞く話が、夏場は飲み物を買うのに大行列が起きている。
これは、定番のポップコーンでも同じことを聴きます。

ポップコーンは外では買えませんが、さて、
水筒やペットボトルなどの飲み物の持ち込みは大丈夫なのでしょうか?

素朴な疑問ですが気になるところですね。



スポンサーリンク

ディズニーに水筒やペットボトルなどの飲み物の持ち込みはOK!

実は、ディズニーランド・ディズニーシーは
飲み物の持ち込みはOKとなっているのです。

ランドとシーの両方を合わせると、平日休日関係なく、
とっても多い人が行き交っていますよね。

暑い日は大行列!

特に休日や特別な日は、混雑もありランドおよびシーの内部だけで
ゲストの飲む水分を賄うとなると、どうしても大行列もできてしまいますよね。

夏場はもちろんですが、6月でも暑い日だと
ワゴンでペットボトルを買うのにもかなりの行列。
並んでいる間も汗がタラタラです。

また、持病を持っている人や、夏であれば熱中症、
冬なら寒さ対策でドリンクを持ち込みたいという需要も存在するはずです。

ゲストを幸せにする、夢を与えるという意味で、プロ中のプロであるディズニーが、
己の利益のためだけや何らかの理由で持ち込みをアウトにするというのは考えづらいです。

水筒を忘れたらディズニー以外ならどこで買う?

ちなみに、水筒を持ってくるのを忘れてしまったという方に、
オススメしたいのが地元のスーパーマーケットで買うという手段です。

ディズニーリゾートの最寄り駅である舞浜駅にもコンビニはありますが、
常に混んでいますし定価なので特別安くはないです。

土日や特別な日は、売り切れも予想されるでしょう。

しかし、地元のスーパーであれば、安く、そして
自分の好きな飲み物を買うことができるのでお財布にも心にもいいと思います。

ディズニーリゾートを少しでも余裕をもって楽しむちょっとしたコツです。

大きすぎるペットボトルは気を付けて!

なお、ディズニーリゾートでは手荷物検査が実施されています。

2Lなど大きいサイズのペットボトルなど
普通なら持ち歩かないものは没収されてしまうという報告もあります。

良識とディズニーへの敬意を忘れない範囲で持ち込むようにしましょう。

スポンサーリンク

ちなみに、ディズニー内の自販機やワゴンで飲み物を買うといくら?

ディズニー内のペットボトルの価格

気になるのが、ランド内で買うことのできる飲み物のお値段です。

各飲食店でも飲み物は様々なものが販売されています。

しかし、いちいちレストランに行くのも面倒ですし、
ワゴンや自販機を見かけると、ついつい買ってしまうのが人情ってものだと思います。

海沿いとはいえ、夏は暑いですし冬は海風が体にしみます。
飲み物が欲しくなる時は、必ずあると思います。

暑いときはキンキンに冷えたペットボトルの飲み物が欲しくなります!

さて、ランド・シー内で飲み物は、一体いくらでうっているのでしょうか。

答えは、簡単です。一律200円です。

地味にお財布に響きますね。

ただし、ただ200円なのではなく、生茶などはティンカーベルやスティッチなどが
プリントされている限定デザイン仕様になっています。

限定デザインが楽しめる

いわゆる、ディズニーならではのブランド価格です。

なので、ディズニーが好きな人にとっては、高くないのかなと思います。

基本的に、権利関係が厳しいといわれているディズニーは、
コラボ商品や企画が出ない限り、キャラクターが印刷されたものは公式以外では出回りません。

その点を考えると、非常に貴重な品とも取れます。
お子様にとっては大きな感動や思い出になることでしょう。

普通に自販機で買った140円に、「思い出代金60円」として考えると
好きな人にとっては特別な思い出になるのではないでしょうか?

生茶の他にどんなペットボトルがあるの?

爽健美茶、アクエリアス、いろはす、アルカリイオンの水、
ソルティライチ、キリンレモンなどがあります。

ディズニー内の自販機では、
夏には冷たい飲み物、冬には温かい飲み物も手に入ります。

まとめ

今回は、人気のディズニーランドやディズニーシーに水筒の持ち込みできるのか?
ということを検証してみました。

結果は持ち込める!

そして、ディズニー内ではちょっとお値段高めの200円で販売されているけど、
限定仕様のペットボトルやデザインが存在するので思い出にもなるよということでした。

水筒を持ち込むもよし、水筒がなくなったら思い出作りでディズニーで購入するのもよしですね。

ポイント・水筒やペットボトルの持ち込みはできる

・ディズニー内でペットボトルが買える(一律200円)

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ