くまくま園に行ってきた!こぐまとのふれあい!ランチや周辺情報も

子育て お出かけスポット

秋田県北秋田市阿仁にある保護くまさん達が暮らす「くまくま園」に行ってきました。

餌をあげることができ、私たちを見かけると餌をもらえると思って、手招きをしたり立ったりとおねだりをしてとても可愛いです。迫力のあるクマもいてケンカをしていることも。

展示スペースがあるので、夏休みの自由研究などにもおすすめの施設です。

こちらではくまくま園の小熊とのふれあい、混雑、入場料、駐車場、アクセス、ランチ、周辺情報などをご紹介します。

 



スポンサーリンク

こぐまとふれあい


4月ごろはまだこぐまも小さいのでふれあい広場で遊ぶことができます。

ゴールデンウイークや夏休みなどは子熊とのふれあいイベントをやっているときがありますよ。

時期によっては毎日ふれあいイベントをやっていることもあります。

こぐまとふれあうことができるイベントの開催日程や時間などの詳しい情報はフェイスブックで発表されます。

画像や動画もたくさんあるのでくまくま園の様子もよくわかります。
↓↓↓
くまくま園フェイスブック

 

スポンサーリンク

くまくまの園の混雑状況

私は日曜日に行ったのですが、駐車場は広いので午前中でも午後でも余裕で停めることができました。

くまくま園は4月下旬~11月上旬まで開園していますが、春や秋頃が一番混雑します。

夏は臭いがこもっているためか暑いからかそんなに混む様子は見られません。

土日は平日よりは混んでいますが、くまくま園は広いので、そんなに混雑しているようには感じません。

くまくま園の入場料

大人(高校生以上) 700円
小人(小中学生) 200円(エサ付き)
幼児(小学生未満) 無料

くまくま園の駐車場

くまくま園の駐車場は第1駐車場から第4駐車場までありますが、広いので自分の好きなところに停めることができます。

第1駐車場と第2駐車場で約80台停めることができるので、近くの第1駐車場に停めることができる可能性はかなり高いです。

駐車場料金は無料です。

駐車場からくまくまの園までは80メートルくらい歩けば着きます。

くまくま園の見どころや楽しみ方

くまくま園では餌やりができます。

幼児は入場も無料で、小中学生は無料で餌をもらうことができますので、家族で来ると得しますよ。

餌は投げてあげるのですが熊が手を挙げておねだりしてくる姿は可愛くてたまりません。

子供でも上げれるように小さめの餌になっています。

また、ガラス越しに熊を間近で観察することもできます。

来る時期にもよりますが、運が良いと子熊を触ることもできます。

くまくま園のランチ情報

くまくま園にはレストランはありません。

近くの道の駅「あに」や「打当温泉マタギの湯」で食事ができます。

周りは山なのでコンビニやスーパーもありませんので、「あに」はとても貴重な道の駅になっています。

道の駅ではまたたびラーメンがオススメとなっています。

道の駅「あに」

くまくま園から道の駅「あに」への行き方

距離としては約10キロになります。車で約19分で行くことができます。

トイレ・おむつ替え・ベビーカー情報

トイレは屋外屋内と一つずつあります。

そのトイレの中にオムツ替えする場所もありますが、授乳室はありませんので、近くの道の駅で済ませるといいです。

くまくま園へのベビーカーでの入園はOKですが、ベビーカーの貸出はありません。

ゆっくり熊を観察したいなら、ベビーカーで行くことをオススメします。

冬場の冬眠時期は?

くまくま園の開園期間は4月下旬~11月上旬です。

冬場はクマの冬眠時期になりますので、12月~3月の見学は予約が必要になります。

クマは冬眠してますが、予約をすれば冬眠ツアーに参加できます。

くまくま園のアクセス

■車の場合
・東北自動車道 盛岡I.C.から約2時間
・秋田自動車道 五城目I.C.から約1時間30分
・秋田自動車道 鷹巣I.C.から約1時間

■電車の場合
・内陸線阿仁マタギ駅 → 送迎
※無料送迎予約 打当温泉マタギの湯 ℡0186-84-2612

くまくま園の周辺情報

くまくま園のあとにどこかによって行きたいならこちら!

打当温泉マタギの湯

宿泊施設ですが日帰り温泉もOKです。食事がセットになった日帰りプランのほかにも、立ち寄り入浴や家族風呂もあります。

打当温泉マタギの湯(日帰りプラン)

マタギ資料館

打当温泉マタギの湯の建物とつながっています。マタギ資料館は打当温泉マタギの湯に併設されている資料館で鉄砲や熊の剥製なども展示してあります。マタギの歴史を学ぶことができます。

マタギ資料館

安の滝(日本の滝100選2位)

日本の滝100選の2位に選ばれた滝です。道幅の狭い未舗装路があるので運転に気をつけましょう。新緑や紅葉シーズンがおすすめです。

安の滝

阿仁異人館・伝承館

鉱山で使用した用具や鉱石などを展示してあります。

阿仁異人館・伝承館

秋田内陸縦貫鉄道

のんびりと走る小さな列車からの景色が最高です。7月から9月上旬にかけては「田んぼアート」が眺められるスポットがあっておすすめ!

秋田内陸縦貫鉄道

基本情報

住所:秋田県北秋田市阿仁打当字陣場1−39 くまくま園
開園期間:4月下旬~11月上旬(無休)
開園時間:9時~16時
HP:くまくま園
地図

まとめ

餌をあげれる場所が決まっているのですが、屋外になるので雨が降ってきてもいいように天気予報の確認や雨具の用意は必要です。

餌やりは高いところからになるので、お子さんが落ちないようにきちんと配慮するようお願いします。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ