【ハナタカ優越館】体の専門家がやっている食事を抜かないダイエット法!5年で17キロ!【まとめ】(3月7日)

テレビで紹介(番組別) ダイエット ハナタカ優越館

2019年3月7日テレビ番組のくりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 日本人の3割しか知らないことで放送された、「体の専門家がやっている食事を抜かないダイエット法【まとめ】」をご紹介します。教えてくれたのは5年間で17キロのダイエットに成功した大阪大学特任准教授の日比野佐和子医師など。



スポンサーリンク

体の専門家がやっている食事を抜かないダイエット法

白米を食べる時は温かいものよりも冷たいもの

ご飯を冷たくするとレジスタントスターチが増える。

レジスタントスターチは消化吸収をゆるやかにして脂肪をつきにくくする効果がある。

うどんやソバなども冷たくすると増える。

朝からお肉を食べるようにする

食べた満足感により満腹中枢が刺激され、全体的に食べる量が減る傾向がある。

首のあたりを冷やすようにする

首の付け根や肩甲骨付近や鎖骨に褐色脂肪細胞というものがある。熱を作り出して脂肪を燃焼させる。

冷やすことで活性化する。

部屋にグレープフルーツを置く

グレープフルーツの匂いは、食欲を減退させる効果がある。

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ