【この差って何ですか】ひじきの新常識!?貧血におすすめなのはひじきではない!高血圧・便秘・骨粗しょう症に効果的(3月12日)

テレビで紹介(番組別) 健康

2019年3月12日テレビ番組のこの差って何ですか?で放送された、「ひじきの新常識!?貧血におすすめなのはひじきではない!高血圧、便秘、骨粗しょう症に効果的」をご紹介します。



スポンサーリンク

ひじきの新常識!?貧血におすすめなのはひじきではない!高血圧、便秘、骨粗しょう症に効果的

ひじきは鉄分豊富と言うけれど・・

実は現在では、ひじきの鉄分量は少ないと言われている。

平成元年の頃に比べると、ひじきの中の鉄分量は9分の1と記述されている。

なぜ平成元年と現在で、ひじきの鉄分量が変わったの?

ひじきの鉄分量が変わったのは作り方が変わったから。

元々生のひじきはえぐみが強く、数時間以上煮たり蒸したりの加工作業が必要だった。

平成元年当時は加工処理で鉄釜で行っていたため、鉄釜から溶けだした鉄分がひじきに吸収され高い鉄分量が表示されていた。

しかし最近では鉄釜から、錆びにくいステンレス釜に変わったため、鉄分が溶けだすことがなくなりひじきの鉄分量が減ってしまった。

ひじきには高血圧、便秘、骨粗しょう症に効果的

ひじきには高血圧、便秘、骨粗しょう症に効果的な成分が入っているため、積極的に摂ることが大切。

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ