【THE太鼓判】リンゴで肺が若返る!栄養を逃がさないりんご切り方やりんご揚げ餃子のレシピ

テレビで紹介 健康

2019年1月21日テレビ番組のTHE太鼓判の医師が選ぶ!体にいい食材総選挙「名医300人が選ぶ!最強の食材ベスト10」で放送された、医師300人中12人が選んだ10位のリンゴ、「1日1個のリンゴで肺が若返る!」をご紹介します。

タバコ・排気ガス・PM2.5などでに炎症が起こるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)は日本人男性の死因第8位。



スポンサーリンク

1日1個のリンゴで肺が若返る!

理由

りんごに含まれるりんごポリフェノール。これらの抗酸化物質が肺の炎症を回復させるのに有効なのではと推測される。

実証

松嶋尚美さん(47歳)の肺年齢は74歳。

1日1個3週間食べた結果・・・

肺年齢は61歳に。マイナス13歳の結果。

血管までも若くなるりんごの意外な食べ方

りんご揚げ餃子

① 一口大のリンゴに、シナモンパウダーを少々かけ、餃子の皮で包む
② 油で揚げれば完成!

※りんごを加熱すると、コレステロールの吸収を抑え、血管の老化を防ぐ役割が期待できるペクチンが増加。

ビタミンEが4倍お得な栄養を逃がさないりんご切り方

・スターカット(りんごの輪切り)

りんごで食べることができないのは「芯」と「種」だけ。そのためスターカットにすれば、皮やもっと内側部分まで食べられる。

そのほかのリンゴの効果

・血中のコレステロールを抑制
・血圧の効果作用
・腸内環境を改善

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

参考になりました。

スポンサーリンク

ページの先頭へ