【教えてもらう前と後】辞書引き学習のやり方!知っている言葉に付箋を貼って学力アップ(9月10日)

テレビで紹介(番組別)

2019年9月10日テレビ番組の教えてもらう前と後の小学生クイズで放送された、「辞書引き学習のやり方」をご紹介します。知っている言葉に付箋を貼って学力アップする学習方法です。



スポンサーリンク

辞書引き学習のやり方

用意するもの

国語辞典
付箋

やり方

1. ランダムに辞書のページを開く。

例)8月22日なら822ページを開く。

2. 知らない言葉ではなく、知っている言葉に付箋(文字を書く)を貼る。

※例えば「梨」なら、「バラの仲間の木。春に白い花を開き、秋、大きな実がなる」などが書いてあるため、いくつもの知識を得ることができる。

※付箋を貼っていることで努力が目に見えて自信につながる。

詳しいやり方

辞書引き学習について – 深谷圭助先生の辞書引き学習

動画

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ