【健康カプセル】夏の脳梗塞!予兆・予防など(7月28日)

テレビで紹介(番組別) 健康

2019年7月28日テレビ番組の健康カプセル!元気の時間で放送された、「夏の脳梗塞!予兆・予防な」をご紹介します。一時的な麻痺は脳梗塞の典型的な予兆です。今朝の処方せんは「脳梗塞 予兆に気付けば NO梗塞」。



スポンサーリンク

体験者が語る意外な予兆

・意味を持たない言葉を発する

・ろれつが回りにくくなる

・ボールペンで字が書けなくなる

・コーヒーを飲んでいるとよだれのようにこぼれた

予兆を経験してから2日以内が危険。

52歳の男性は、2週間前に予兆があったそうです。

スポンサーリンク

夏場の寝汗で脳梗塞の危険が増す

予防

就寝前と起床後にコップ1杯の水分補給をする。

夏場に脳梗塞がもっと発症しやすい時間帯

午前4時から正午まで

原因

夏は寝汗などで体内の水分が失われ脱水状態に。

血管内の水分も失われ、血液がドロドロになり脳梗塞の原因に。

注意

アルコールの利尿作用により飲んだ量よりも多くの尿が出てしまう。

またコーヒーや緑茶に含まれているカフェインは利尿作用があるので、飲んだ分、尿が出やすくなる。

夏場の脱水を軽減するためには、水・麦茶・スポーツドリンクなどを飲むと良い。

発症後4時間半がキーポイント

4時間半以内であれば、頭の中の血管に詰まった血栓を溶かして血流を再開させるt-PAと言う薬が使える場合がある。

3時間くらいまでに病院に行けば治療のチャンスがある。

同じ日の番組内容

元気ニコニコ体操のやり方!脳梗塞予防にもおすすめ

【健康カプセル】元気ニコニコ体操のやり方【動画あり】脳梗塞予防にもおすすめの栃木県の体操(7月28日)

黒酢たまねぎドレッシングの作り方!脳梗塞予防に最適

【健康カプセル】黒酢たまねぎドレッシングの作り方!脳梗塞予防に最適(7月28日)

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ