【健康カプセル】ハチに刺された跡の応急処置!7月はハチの動きが活発になる時期(7月14日)

テレビで紹介(番組別) 健康

2019年7月14日テレビ番組の健康カプセル!元気の時間で放送された、「ハチに刺された跡の応急処置!」をご紹介します。7月はハチの動きが活発になるため、夏はハチに襲われる事故が多発。毎年20人前後がなくなる。教えてくれたのは玉川大学教授の農学博士の小野正人さん。



スポンサーリンク

ハチに刺された時の応急処置

応急処置の方法

・毒を出すときは「手で毒を絞り出し、水で洗い流す」。

・「ポイズンリムーバー」で毒を吸い取る。
楽天→ポイズンリムーバー

間違ったウワサ

「おしっこをかける」「口で毒を吸い出す」は間違っている!

「針を抜く」のは正しい?

人を刺すと針を残すハチと残さないハチがある。

残すハチ(ミツバチ)に刺されて針が残った場合は、すぐに針を抜きましょう!

針が残るハチ

ミツバチ

針が残らないハチ

スズメバチ
アシナガバチ

スポンサーリンク

蜂に刺されない予防

1匹でもハチがまとわりつくように飛んだら注意!

スズメバチに遭遇したらどうする?

しゃがんでゆっくり後ずさり。

その際5メール~10メートルくらい離れるようにしてください。

※手で払うなど素早い動きはNG!!

※走って逃げるのもNG!!動くものを追いかける修正があるため。

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ