【世界一受けたい授業】94歳料理研究家の鈴木登紀子さんのレシピ3品まとめ(切り干し大根のハリハリ漬け・ちりめんじゃこのまぜまぜご飯・外国産マツタケをおいしく)!94歳料理研究家が教える後世に残したい日本の家庭料理。(10月26日)

テレビで紹介(番組別) レシピ 世界一受けたい授業

2019年10月26日テレビ番組の世界一受けたい授業で放送された、「94歳料理研究家が教える後世に残したい日本の家庭料理(3品)」をご紹介します。教えてくれたのは94世の現役料理長理科のばぁばこと鈴木登紀子さん。


スポンサーリンク

切り干し大根のハリハリ漬けのレシピ

切り干し大根は、カルシウム、鉄分、食物繊維が豊富!

作り方

1. 切り干し大根を水で戻す。

2. 砂糖、酢、だし、うす口しょうゆ、赤唐辛子を加えて混ぜて完成。

ちりめんじゃこのまぜまぜご飯のレシピ

材料

温かいご飯
ちりめんじゃこ
のり
白いりごま
刻んだ大葉
たたき梅

作り方

温かいご飯にAを全部入れて混ぜて完成。

外国産マツタケの土瓶蒸しのレシピ

輸送に時間がかかるので鮮度が落ち、輸入するとき洗浄するため風味が落ちる外国産のマツタケをおいしく!

作り方

1. 石づきを鉛筆を削るように包丁でそぎ落す。

2. 縦に薄切りにする。

3. 2のマツタケを並べ、酒をふりかけ、5~6分置く。

※香りと風味がよみがえる。

4. 鶏ささみをそぎ切りにし、酒をふりかけて5分おいておく。

5. だしを煮立て、塩・うす口しょうゆで味を調える。

6. 土瓶にかまぼこ(薄切り)を敷き、かまぼこの上にささみをのせ、マツタケ、ぎんなん、みつばを盛り付ける。

7. 5のだし汁を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めてフタをする。
 


今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ