【それって実際どうなの課】宝くじの連番買いとバラ買い実際どちらが当たるのか検証!1億円以上の当選確率は?(9月11日)

未分類

2019年9月11日テレビ番組のそれって!?実際どうなの課で放送された、「宝くじの連番買いとバラ買い実際どちらが当たるのか検証!1億円以上の当選確率は?」をご紹介します。



スポンサーリンク

宝くじの連番買いとバラ買い実際どちらが当たるのか検証

連番買い・バラ買いとは

連番買い

番号がすべて連なっており、1等・前後賞の総取りが可能。

バラ買い

組数・数字が全てバラバラでドキドキ感を楽しめる。

宝くじ購入平均金額(年間)

13550円

6万円で検証!サマージャンボ

購入枚数

連番:100枚
バラ:100枚

結果

連番

<合計:6000円>
5等:1枚 3000円
6等:10枚 3000円

バラ

<合計:6000円>
5等:1枚 3000円
6等:10枚 3000円

スポンサーリンク

1億円以上の当選確率

連番買い

12/1,000,000

バラ買い

30/1,000,000

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ