【この差って何ですか】年賀状の作法5つ!目上の人に送るNGワードなど!正しい例文も(12月17日)

テレビで紹介(番組別) 季節のイベント

2019年12月17日テレビ番組のこの差って何ですか?で放送された、「年賀状の作法!」をご紹介します。



スポンサーリンク

年賀状の作法!

「去年」はNG!縁起の良くない字を書かない

NG→去年は大変お世話になりました。

正しくは「昨年」「旧年」。

OK→昨年は大変お世話になりました。

OK→旧年は大変お世話になりました。

理由

「去年」の「去」は「死去」、「去る」など不吉なことを連想し縁起が悪い。

他にも「負けないよう」の「負」、「離ればなれ」の「離」などの字も年賀状にはふさわしくないと言われている。




「1月1日」と「元旦」を両方書くのはNG!

「元旦」は「1月1日の朝」の意味があるので、「1月1日」と「元旦」は両方一緒に書かない。

どちらか1つを書く。




「賀正」は目上の人に送る際は間違い!

「賀正」、「迎春」は、相手を敬う尊敬語が入っていないので目上の方に対して失礼。

目上の人宛てで正しいのは「謹賀新年」や「恭賀新正」。

謹賀新年

謹=相手を敬う意味

恭賀新正

恭=相手を敬う意味




「新年」と「あけまして」と続けて描くのはNG!

NG→新年あけましておめでとうございます

あけたのは旧年。日本語として間違っている。

正しくは、

「新年おめでとうございます」

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」

「句読点」「感嘆符」は全部付けないのが好ましい!

句読点(。、)は終わり・区切りの意味などで、全部付けないのが好ましい。

感嘆符(!)も書かない。

スポンサーリンク

年賀状の正しい例文

※番組では縦書き。

↓年賀状の正しい例文!ここから↓

謹賀新年

あけましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました

今年もよろしくお願いします

2020年1月1日

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ