【きょうの料理】鈴木登紀子さんのおさらい和食塾「かぼちゃ・とうがん」のレシピ2品!かぼちゃの甘煮・とうがんの南蛮煮の作り方(8月19日)

テレビで紹介(番組別) レシピ きょうの料理

2019年8月19日NHKテレビ番組のきょうの料理のおさらい和食塾「かぼちゃ・とうがん」で放送された、「鈴木登紀子さんのレシピ2品(かぼちゃの甘煮・とうがんの南蛮煮)」の材料と作り方をご紹介します。教えてくれたのは料理研究家の鈴木登紀子さん。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

おすすめ記事!


スポンサーリンク

かぼちゃの甘煮のレシピ

材料(4~5人分)

かぼちゃ:(大)1/4コ(正味600g)

<A>
砂糖:大さじ6
うす口しょうゆ:大さじ1

枝豆(ゆでてさやから出したもの):適量

作り方

切る

1. かぼちゃは菜切り包丁で4センチ幅一に切る。

堅いのですべらないように注意。

2. 種とワタをスプーンで取り除き、3センチ幅に切る。

ワタの部分を薄く切り落とす。

3. 皮にところどころ包丁を入れてそぐ。

4. 皮側の四隅は面取りをして水に放す。

煮る

5. かぼちゃの水けをきって鍋に入れ、ヒタヒタよりやや少なめに水を注ぐ。

Aの調味料を加え、強火で煮はじめる。

6. 煮立ったら強めの中火にしてアクを取り、落としぶたをする。

時々様子を見ながら15分間ほど、汁けが少なくなるまで煮る。

7. 竹串を刺してスーッと通ったら火を止める。

8.バットにあけ、余分な水分をとばす。

器に盛り、枝豆を散らす。

スポンサーリンク

とうがんの南蛮煮のレシピ

材料(4~5人分)

とうがん:(大)1/2コ(正味900g)
豚バラ肉 (塊):300g

<A>
だし:カップ3/4
酒:大さじ3
砂糖:大さじ3
みりん:大さじ2
うす口しょうゆ:大さじ3
赤とうがらし(小口切り):1本分

サラダ油

作り方

とうがんを切る

1. とうがんは二つ割りにして4センチ幅に切る。

種とワタをスプーンで取り除く。

2. さらに1.5センチ幅に切り、ワタの一部分を薄く切り落とす。

3. 皮を薄くむき、水に放す。

肉を焼く

4. 豚肉は1.5センチ厚さに切る。

5. フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、豚肉の全面を中火で色よく焼く。

網にとり、熱湯を回しかけて 余分な脂を落とす。

合わせて煮る

6. 鍋に水けをきったとうがんと豚肉を入れ、Aを順に加えて強火にかける。

煮立ったらアクを取り、落としぶたをして、中火で15~20分間煮る。

7. 煮汁が少なくなったら、鍋の手前から向こう側に動かすようにあおり、具の上下を入れかえて均一に 味をなじませる(鍋返し)。

バットにあけて粗熱を取り、器に盛って赤とうがらし(分量外)をあしらう。

今日の感想とまとめ

参考になりました。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ