【きょうの料理】脇屋友詞さんの米なすレシピ3品!米なすのレンジ蒸し・米なすのバンバンジー風・米なすの酢チャーハン(6月24日)

テレビで紹介(番組別) レシピ きょうの料理

2019年6月24日NHKテレビ番組のきょうの料理で放送された、「」の材料と作り方をご紹介します。教えてくれたのは中国料理の達人の脇屋友詞さん。米なすは大きくて丸みのある形で、身が詰まっているので加熱しても形がくずれないのが特徴です。ポリフェノールが豊富。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら



スポンサーリンク

米なすのレンジ蒸しのレシピ

材料

米なす:1コ
サラダ油

花椒粉
しょうゆ
ごま油

作り方

1. 米なす1コはヘタを除き、上下を落としてジグザグに切り目を入れて半分にし、上下は四つ割りにして耐熱皿にのせる。

2. サラダ油大さじ2、塩・花椒粉(ホワジャオフェン)各少々を混ぜてかける。

3. ラップをして電子レンジ(600W)に5分間かけ、しょうゆ・ごま油各大さじ1、酢小さじ1、花椒粉少々を混ぜてかける。

楽天市場→花椒粉(ホワジャオフェン)

スポンサーリンク

米なすのバンバンジー風のレシピ

なすの皮と身を炒めたなす醤の食感がアクセント。

材料(2~3人分)

米なす:1個(300g)
鶏ひき肉:60g
ねぎ(みじん切り):大さじ1
しょうが(みじん切り):小さじ1
青じそ(せん切り):適量
サラダ油

ごま油

<A>
練りごま(白):大さじ1
白みそ(甘口):・大さじ1
水:大さじ3

<B>
チキンスープ:カップ1/2
酒:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
砂糖:小さじ1

作り方

1. 米なすはヘタを除いて上下を切り落とし、皮をむいて1センチ幅の拍子木形に切る。切り落とした上下は皮をむき、5ミリ角に切る。皮はすべてみじん切りにする。

2. なす醤をつくる。フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、1の皮をしんなりとするまで炒める。 角切りのなすを加えて2分間ほど炒め、塩少々をふり、取りだす。

3. フライパンにサラダ油大さじ2を足して中火で熱し、拍子木形に切ったなすを転がしながら焼く。少ししんなりとして八分どおり火が通ったらバットに取り出し、ラップをして蒸らし、余熱で火を通す。

4. バンバンジー醤をつくる。Aを混ぜ合わせる。フライパンにサラダ油大さじ1を足して弱火で熱し、ひき肉を1分間炒める。 脂が出てきたら、ねぎ、しょうがを加えて 炒める。Bを加えて2~3分間炒め煮にし、Aを加えてゆっくり混ぜる。少しとろみがつき、かさが七割程度になるまで煮詰め、ごま油大さじ1を加える。

5. 3のなすを器に盛り、4のバンバンジー醤と2のなすをかけ、青じそをのせる。

米なすの酢チャーハンのレシピ

材料(2人分)

米なす:1個(300g)
ご飯(温かいもの):300g
ロースハム(粗みじん切り):20g
たまねぎ(みじん切り):大さじ2
黒酢:大さじ1
ラディッシュ(薄切り):12枚
パクチー:適宜
サラダ油

こしょう
しょうゆ

<A>
うす口しょうゆ:大さじ1
溶き卵:1コ分

作り方

1. 米なすはヘタを除いて上下を切り落とし、皮付きのまま7~8ミリ厚さの輪切りを12枚とる。 残った部分は皮付きのまま5ミリ角に切る。

2. フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、角切りのなすを炒め、しんなりとしたら取り出す。

3. フライパンにサラダ油大さじ1を足して中火で熱し、輪切りにしたなすを並べる。フライパンを軽く揺すりながら焼く。焼き色がついたら裏返し、サラダ油小さじ1 を回しかけて焼く。しんなりとしたら、Aを混ぜて加え、サッとあえて取り出し、粗熱を取る。

4. フライパンにサラダ油大さじ1を強火で熱し、溶き卵を流し入れる。半熟になったら、ご飯を加え、玉じゃくしでほぐすように炒める。全体が混ざったら塩・こしょう各少々をふり、2、ハム、たまねぎを順に加えて炒め、しょうゆ 少々、黒酢を加えて混ぜる。

5. ボウル(直径18~20cm) にラップを敷き、3のなす6枚を敷いて4を詰め、少しおいて落ち着かせる。 皿をかぶせ、ひっくり返して盛る。残りの輪切りのなすを添えてラディッシュをのせ、あればパクチーを添える。

今日の感想とまとめ

参考になりました。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ