【きょうの料理】小林かなえさんの絶品焼きいもスイーツレシピ3品!プリン・スイートポテト・モンブラン(11月19日)

テレビで紹介(番組別) きょうの料理

2019年11月19日NHKテレビ番組のきょうの料理のほっくり!濃厚!焼きいもプリン・スイートポテトで放送された、「小林かなえさんの絶品焼きいもスイーツレシピ3品!プリン・スイートポテト・モンブラン」の材料と作り方をご紹介します。教えてくれたのは洋菓子研究家の小林かなえさん。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら



スポンサーリンク

焼き芋プリンのレシピ

材料(直径15cmのスポンジ型1台分)

さつまいも(なると金時など):(正味)150g
グラニュー糖:50g
バター(食塩不使用):20g
はちみつ:40g

<A>
卵:1コ
卵黄:1コ分
グラニュー糖:40g

牛乳:カップ1と1/4

<カラメル>
グラニュー糖:75g 「
水:大さじ2

作り方

つくる前にしておくこと

オーブンを200°Cに温めておく。

焼きいもをつくる

1. さつまいもをアルミ箔で包み、200°Cのオーブンで1時間焼く。

カラメルをつくる

2. 小さめの鍋にカラメルの材料を入れて全体を混ぜる。

中火にかけて、時々鍋を揺すりながら、焦げ茶色になるまで加熱する。

熱いうちに型に流し、底全体に広げる。

焼きいもプリンをつくる

3. 1の焼きいもが温かいうちに皮をむき、ボウルに入れる。

グラニュー糖を加え、木べらでよくつぶしながら練り混ぜる。

4. 焼きいもがつぶれたらバターとはちみつを加え、バターが溶けて全体になじむまで混ぜる。

5. 別のボウルに目の細かいざるを重ねて4を入れ、木べらで押さえて裏ごす。

6. 5にAを加えて、泡立て器で混ぜ合わせる。

7. 牛乳を人肌くらいの温度(40°C弱)に温めて6に加え、泡立てないように静かに混ぜて全体をなじませる。

8. 2の型に7を流し入れる。

9. 天板に深めの耐熱バットを置き、中央に8をのせる。

人肌くらい(40°C弱)に温めた湯を型の約1/3くらいの深さまで注ぐ。

160°Cに 温めたオーブンで35~40分間蒸し焼きにし、さらにオーブンに入れたまま30分間ほどおく。

オーブンから出して常温で冷まし、型ごと冷蔵庫で冷やす。

食べるときは

プリンを型ごと耐熱バットに置き、熱湯を型の1/3くらいの深さまで注ぐ。

生地の表面を手で触ってみて、生地がクルクルと回るようになったら、皿をかぶせる。

ひっくり返して皿に盛り、 食べやすい大きさに切り分ける。

スポンサーリンク

焼き芋スイートポテトのレシピ

材料(つくりやすい分量)

焼きいも(皮を除く):(正味)150g

<A>
グラニュー糖:50g
生クリーム:大さじ4
卵黄:1コ分

バター(食塩不使用):20g
溶き卵:少々

作り方

つくる前にしておくこと

オーブンを180°Cに温めておく。

1. 焼きいもは鍋に入れ、よくつぶす。

Aを加えて全体を混ぜ、なじませる。

中火にかけ、水分がなくなるまで2~3分間練り混ぜる。

2. 全体がまとまり、鍋底が見えるようになったら、火を止める。

※さつまいもの粒が少し残ってもよい。

3. バターを加えて混ぜる。

グラタノンなど耐熱の器に移し、表面に溶き卵を塗り、180°Cに温めた オーブンで焼き色がつくまで15~20分間焼いて完成。

※オーブントースターで焼き色がつくまで15分間ほど焼いてもよい。

焼き芋モンブランのレシピ

材料(4コ分)

焼きいも(皮を除く):(正味) 150g

<A>
グラニュー糖:50g
生クリーム:大さじ4
卵黄:1コ分

バター(食塩不使用):20g
牛乳:カップ約1/4
生クリーム:カップ1/2

作り方

上記の「焼きいもスイートポテト」1~2と同様に生地をつくり、 バターを加えて混ぜる。

牛乳を様子をみながら加えてゴムべらで混ぜ、すくうとゆっくり落ちるくらいの堅さにする。

※牛乳は生地の堅さをみて加減する。

2. 別のボウルに目の細かいざるを重ねて1を入れ、木べらで押さえて裏ごす。

冷ましてから、冷蔵庫で20分間ほど休ませる。

3. 生クリームをツノがピンと立つつまで泡立て、1/4量ずつスプーンで器にのせる。

モンブラン用のロ金をつけた絞り袋に2を入れ、生クリームに等分に絞りかけて完成。

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ