【きょうの料理】一汁四菜の献立(カリフラワー・さつまいも・かぶ・豆のおかずとみそ汁・菜飯)!秋野菜をメインに使った船橋律子さんのレシピ(10月28日)

テレビで紹介(番組別) レシピ きょうの料理

2019年10月28日NHKテレビ番組のきょうの料理の神戸発暮らしに寄り添う野菜おかずで放送された、「一汁四菜の献立」の材料と作り方をご紹介します。教えてくれたのは料理研究家の船橋律子さん。心と体にやさしい家庭料理。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら



スポンサーリンク

カリフラワーの肉巻きフライのレシピ

材料(2人分)

カリフラワー: (大)1/4コ(150g)
豚バラ肉(薄切り):6枚(120g)
小麦粉:適量
溶き卵:適量
パン粉:適量
レタス:適量
レモン(くし形に切る):適量

こしょう
揚げ油

作り方

1. カリフラワーは6等分に切る。

豚肉を広げて並べ、塩小さじ1/2、こしょう適量をふる。

2. 豚肉の端にカリフラワーをのせ、カリフラワーを包み込むようにしっかりと巻く。

残りも同様にする。

3. 小麦粉、溶き卵、パン粉をつ順につける。

170°Cの揚げ油で、上下を返しながらきつね色になるまで3~4分間揚げる。

器に盛ってレタスを添え、レモンを搾って食べる。

スポンサーリンク

さつまいもと小松菜とひじきの煮物のレシピ

材料(つくりやすい分量)

芽ひじき(乾):20g
さつまいも:(小)1本(150g)
小松菜:100g

<A>
だし:カップ2
砂糖:大さじ2と1/2
酒:大さじ2
しょうゆ:大さじ1と1/2
塩:小さじ1/4

作り方

1. ひじきはたっぷりの水に30分間浸して戻し、ざるに上げる。

流水で洗って水けをきる。

鍋に入れ、かぶるくらいの水を加える。

強火にかけ、沸騰したらざるに上げる。

ボウルなどで押さえ、しっかりと水けをきり、鍋に戻し入れる。

2. 1にAを加えて強火にかけ、煮立ったら弱火にして10分間煮る。

3. さつまいもは1センチ角、3センチ長さの拍子木形に切り、水にさらして水けをきる。

小松菜は3センチ長さに切る。

4. 2にさつまいもを加えて中火にし、10分間ほど煮る。

さつまいもが柔らかくなったら小松菜を加えて強火にし、上下を返しながらサッと煮る。

保存

冷まして保存容器に入れ、冷蔵庫で4~5日間保存可能。




かぶとりんごのマヨヨーグルトあえのレシピ

材料(2人分)

かぶ:(小)1コ(100g*)
りんご:1/4(50g)

<A>
マヨネーズ:大さじ1
プレーンヨーグルト(無糖):大さじ1
レモン汁:大さじ1/2
塩:少々
黒こしょう(粗びき):少々

作り方

1. かぶは葉を切り落とし、薄いいちょう形に切る。

塩少々でもんで5分間おき、しっかりと水けを絞る。

2. りんごはよく洗って芯を除き、皮付きのまま5ミリ厚さのいち ょう形に切り、薄い塩水にさらして水けをきる。

3. ボウルにAを混ぜ合わせ、1と2を加えてあえる。

豆ときのこのカレーマリネのレシピ

材料(つくりやすい分量)

ミックスビーンズ (ドライパック):200g
エリンギ:2本(100g)
たまねぎ:1/4コ(50g)

<A>
水:90ml
砂糖:大さじ1
カレー粉:小さじ1強
塩:小さじ1
顆粒スープの素(洋風):小さじ1

作り方

1. エリンギは1センチ角に切る。

たまねぎはみじん切りにする。

2. 鍋にたまねぎとAを入れ、強火にかける。

煮立ったら火を止め、酢大さじ2と2/3を加える。

3. 別の鍋に湯を沸かし、ミックスビーンズとエリンギを軽くゆで、ざるに上げて湯をしっかりときる。

熱いうちに2に加えて冷まし、保存容器に入れて冷蔵庫で半日間(約8時間)おく。

保存

冷蔵庫で4~5日間保存可能。




豆腐とわかめのみそ汁のレシピ

材料(2人分)

木綿豆腐:1/5丁(80g)
油揚げ:1/2枚(10g)
わかめ(塩蔵):20g
だし:カップ2
みそ

作り方

1. 豆腐は1センチ角に切る。

油揚げは横半分に切ってから細切りにする。

わかめ は水で戻し、一口大に切る。

2. 鍋にだし、豆腐、油揚げを入れて強火にかける。

煮立ったら、わかめを加えてサッと煮る。

火を止め、みそ大さじ1と1/2 を加えて溶き混ぜて完成。

菜飯のレシピ

材料(2人分)

かぶの葉:(小) 1コ分(100g)
ご飯(温かいもの):茶碗2杯分
白ごま:適量

作り方

1. 鍋にたっぷりの湯を沸かして塩少々を入れ、かぶの葉をサッとゆでる。

冷水にとって冷まし、水けを絞って細かく刻む。

塩小さじ1/2をまぶして2~3分間おき、水けを軽く紋る。

2. ご飯に1を混ぜて器に盛り、白ごまをし散らして完成。




今日の感想とまとめ

参考になりました。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

この記事も読まれています
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ