手作りゼリーが大量!明日も食べたいけど何日くらい日持ちする?冷凍できる?

生活全般


子どものおやつやお土産としても人気の高いデザートといえば、ゼリーですよね。

ゼリーは買うのも良いですが簡単に手作りすることもできるので、ときどき子どもと果汁100%ジュースを使って作ったりしています。

手作りをするとどうしても量が多くなってしまい、その日1日では食べきれない量になることが多いです。

そこで気になるのが賞味期限!

そこで今回は、ゼラチンを使って作った手作りゼリーと、寒天を使って作った手作りゼリーの賞味期限を紹介していきたいと思います。おまけでアガーを使って作った手作りゼリーの賞味期限もご紹介します。

また、冷凍保存ができるのかもご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!



スポンサーリンク

ゼラチンで作った手作りゼリーの賞味期限。冷凍できる?

最初に、ゼラチンを使う手作りゼリーの簡単な作り方を紹介したいと思います。

このレシピは、私と子どもがいつもお世話になっているものです。

<材料>
・果汁100%ジュース450cc
・ゼラチン(粉末)5g
・お湯(90℃)50cc
・砂糖大さじ1

<作り方>
1.ジュースを耐熱容器に入れ50秒、レンジで温めます。
2.お湯に砂糖を入れ、ゼラチンを入れた後にしっかり混ぜて溶かしましょう。
3.1のジュースに2のゼラチン液を入れながら、泡だて器で混ぜながら入れます。
4.3の液をゼリーカップや容器に入れ、気泡をスプーンで取っておきます。
5.冷蔵庫で約3時間冷やすと完成です。

とても簡単なので、ぜひお試しください!

ゼラチンで作った手作りゼリーの賞味期限

このゼラチンを使って作ったゼリーの賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

冷蔵庫で保存した場合でも2日が目安です。

2日以上経過してしまうとゼリーの味が落ちてしまうとともに、雑菌が急激に増えてしまいます。

絶対に食べられないということではありませんが、お腹の弱い人や小さな子どもは控えた方が良いでしょう。

ちなみに、ゼラチンの分量で賞味期限が変わる、ということもありません。

ゼラチンで作った手作りゼリーは冷凍できる?

では、ゼラチンを使って作ったゼリーは冷凍保存をすることはできるのでしょうか?

ゼラチンを使って作ったゼリーは冷凍することができますが、冷凍保存には向いていません。

ゼリーに含まれている水分が離水してしまい、ゼリーのプルプル感を味わうことができなくなってしまいます。

解凍したとしてもゼリー本来の食感に戻ることは無いようです。

スポンサーリンク

寒天で作った手作りゼリーの賞味期限。冷凍できる?

まずは、寒天を使って作るゼリーの作り方を紹介しましょう。

寒天を使う場合は、食感も楽しむことのできるフルーツ缶を使ったレシピがオススメです。

<材料>
・フルーツ缶(お好きな物)1~2缶(500g~600g)
・水(缶のシロップと合わせたもの)600cc
・砂糖20g
・粉寒天3g

<作り方>
1.フルーツを食べやすい大きさにカットしておきます。
2.鍋に粉寒天と水を入れ、中火で混ぜながらしっかり溶かしましょう。
3.2が溶けたら砂糖を入れ、更に混ぜながら溶かします。
4.容器にフルーツを入れ、寒天液は茶こしを使いながら入れましょう。泡ができた場合はスプーンで取り除いておきます。
5.粗熱を取ったら冷蔵庫に入れ固めたら完成です。

寒天で作った手作りゼリーの賞味期限

では、寒天を使って作った手作りゼリーの賞味期限はどれくらいでしょうか?

寒天を使った場合も冷蔵庫で保管しても2日間が目安です。

2日を経過してしまうと味が落ち、雑菌が繁殖してしまうのです。

寒天で作った手作りゼリーは冷凍できる?

寒天で作った手作りゼリーなら冷凍できます!

冷めたら冷凍庫で凍らすのがポイントです。

夏のお弁当のデザートや運動会のお弁当のデザートとしてもピッタリです。

お弁当にはラップでくるんで凍ったまま入れて、保冷剤代わりにも。

寒天は食物繊維たっぷりなので、便秘がちな時などにもいいですね。

まとめ

今回はゼラチンと寒天を使って作った手作りゼリーの賞味期限や冷凍保存について紹介してみましたが、いかがでしたか?

どちらの場合も冷蔵庫で保管して2日間が目安となっています。

美味しいゼリーを楽しむためには、早く食べてしまうのが一番のようですね。

ちなみにババロアなど牛乳を使って作った場合は、もっと賞味期限は短くなってしまいます。

牛乳は雑菌が繁殖しやすいので注意しましょう。

ゼラチンで作ったゼリーは冷凍保存はオススメできませんが、寒天で作ったゼリーは冷凍保存できます。

お弁当で持っていくときは、万が一のモレを防ぐために、ラップをしたりタッパーで作って持っていくのが無難です。

アガーを使ったゼリーも冷凍保存ができますよ。

ゼラチン・寒天・アガーの違い(クックパッド)

アガーで作ったゼリーは解凍後も食感が変わらず、美味しく食べることができますし、この場合の賞味期限は、約2週間まで延ばすことができるようになります。

スポンサーリンク

ページの先頭へ