八木山動物公園の感想レポ!混雑状況は?料金は安い?動物ふれあいは並ぶ?

子育て お出かけスポット

八木山動物公園のカピバラ

宮城県仙台市にある八木山動物公園は、入園料が安くて、動物とのふれあいやえさやりもできる子連れお出かけにおすすめのスポット。

駐車場もあるし、電車で行っても駅から直結なのでベビーカーでも行くことができますよ。

八木山動物公園のの混雑状況や駐車場などをご紹介します。

 



スポンサーリンク

八木山動物公園の混雑状況は?

会社の同僚に聞いたら土日祝の駐車場は混むから、早めに行くとアドバイスがあったので開園後すぐに入場できるように出かけました。

私は土曜日に行きましたが、全然混んでいませんでした。

駐車場もたくさんあるので、並ぶことなくスムーズに停めることができました。早めに出かけてよかったです。

園内は広いので、動物達をゆっくり見ることが出来ますし、たくさんあるイベントもじっくり楽しめます。

ちなみにその同僚はゴールデンウイークにも行ったことがあるそうで、GWはすごく混んでいて駐車場もチケット購入も列に並んだそうです。その時は地下鉄で朝一に行くのがよさそうです。

スポンサーリンク

楽しみ方・ふれあいやえさやり


猿にえさをあげることができます。

1回100円で回せるガチャガチャに餌が入っています。

餌を見せるとちょうだいと言わんばかりに、猿たちが寄ってきてじっとこちらを見てきます。

餌をあげると、走って餌をとって食べる姿がとっても可愛いです。

他にも、ぞうに餌をあげることができたり、うさぎを触ったり、バードフライトいって、オウムが頭の上をものすごいスピードで飛んでいく体験をすることができます。

風を感じることが出来て楽しいです。

動物とのふれあいタイムやえさやりタイムは時間を調べてから行くといいですよ。あと、餌やりは整理券配布前から列ができていることもあるので早めに並ぶのがいいかも。

公式サイトでふれあい体験とえさやり体験の時間が確認できます
↓↓↓
https://www.city.sendai.jp

[インフィード2記事内]

 

八木山動物公園の料金

大人 小・中学生 未就学児
480円 120円 無料

年間パスポートもあって、料金は1200円です。

八木山動物公園の入園料は安いのに、ふれあいやえさやりもできて楽しめると好評のようです。

電車で行ってもアクセスがよくて八木山動物公園前駅からもすぐです。

オムツ替えやベビーカー情報

オムツ替えのできるトイレは6ヶ所、授乳室は3ヶ所ほどあります。オムツを捨てることが出来るゴミ箱も完備されています。

園内が広く坂道もたくさんあるので、小さなお子さんと行くときはベビーカーがあると便利です。現地でも有料でレンタルすることもできます。

八木山動物公園のランチ情報

売店にラーメンやポテト、ソフトクリームなどが売っています。

近くにコンビニもあるので、買って行っても良いです。お弁当持ちの家族もたくさんいましたよ。

園内にテーブルや椅子があちこちにたくさんあるので、レジャーシートを敷いて食べている人は見かけませんでした。

園内マップ

私が見落としたのか、もともとないのか・・・

私が行ったときには園内の順路がどうなっているのかわからなかったので、事前に園内マップをチェックして、まわる順序を決めておけばよかったと思いました。

園内マップは公式サイトからチェックできます。
↓↓↓
https://www.city.sendai.jp

[インフィード2記事内]

 

駐車場

最初の30分までは無料で駐車できます。

その後は1時間ごとに100円ですが上限が500円です。なので5時間以上いるなら駐車料金は最大500円になります。

支払いは一ヶ所だけですが、前払いができる機械があるので、普通の土曜日はそこまで渋滞しません。

アクセス

■車の場合
・仙台南ICより仙台市街方面へ約20分
・仙台宮城ICより仙台市街方面へ約15分

■電車の場合
JR仙台駅下車より仙台市営地下鉄(仙台駅前~八木山動物公園駅)約12分

基本情報

住所:宮城県仙台市太白区八木山本町1-43
電話:022-229-0122
休園日:月曜(月曜が祝日などの場合はその翌日)、年末年始
開園時間:9時~16時45分(3~10月)、9時~16時(11~2月)
公式サイト:ズーパラダイス八木山(仙台市八木山動物公園)
地図

まとめ

私が行ったときはお客さんが少なかったので少し寂しい感じでしたが、それほど混雑していないのは子連れだと助かることもありました。

チンパンジーが自分のフンを投げたりしていて、ガラスが汚れていたのが気になりましたが、滅多に見れない光景なので、それはそれで結構おもしろかったですし楽しかったです。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ