年賀はがきを普通はがきとして使える?交換以外のおすすめ方法!

生活全般


毎年、年賀はがきで親戚や友人との新年の挨拶を行なっていると、購入する枚数も決まってきますよね。

でも、送り先の家族に不幸があって喪中はがきが届いたときや、自分で年賀はがきを書いていて失敗してしまい書き損じはがきが出てしまうことって年賀状にはよくあることです。

また、自分で絵を描いたりパソコンで自作するのは時間がかかるし難しいからと数枚セットで売られている年賀はがきを購入すると、セットの枚数と送りたい枚数が合わずに、数枚余ってしまうことが多いです。

こちらでは年賀はがきを普通はがきとして利用する方法と、交換するときのお得な情報をご紹介します。

[アドセンス]

スポンサーリンク

年賀はがきを普通はがきとして使える!

年賀はがきは年賀状シーズンが過ぎてもそのまま普通はがきとして有効です!

普通はがきの料金は62円なので2019年の年賀はがきならそのまま62円はがきとして全く問題なく利用できます。余った2018年の年賀はがきなら、10円切手を貼れば使えます。

ただ、何年か前の年賀はがきを利用するのってちょっと恥ずかしい気もしますよね。

普通のはがきと違って、年賀はがきにはその年の干支が描かれていたり平成何年と書かれている以上、送り先にも失敗したから普通はがきとして利用したんだなと思われることが容易に想像できます。

もらった側も余った年賀状で手紙をもらうのはいい気分ではないのはわかるので、知り合いには送らないようにしましょう。

スポンサーリンク

年賀はがきで懸賞に当選!

年賀はがきは普通はがきに交換することもできますが、1枚5円の手数料がかかるので購入した時よりも損をしてしまいます。

最近はメールやラインで連絡をするので、年賀はがきだけでなく古いはがきが余っているなんて家庭も多いです。手数料を払ったとしても、また「はがき」なるだけ。現金にはなりません。

そこで損することなく、送り先に気をつかうことなく使用できる方法は何かと、調べたり人に教えてもらったりしたなかで「これだ!」と思うものが見つかりました。

それは懸賞に年賀はがきを使用することです。

最近は、余った年賀はがきと古いはがきは懸賞に使っています。

2018年の年賀はがきは52円のため、10円切手を貼って送らなけれはならなくなりますが、購入した時よりも年賀はがきの価値は下がりませんし、数円の切手を貼ることでその倍の品物が当選したらラッキーと思ってひたすらはがきで応募するタイプの懸賞に応募しています。

私の場合、家に年賀はがきや普通はがきがたくさん余っていても全く使うことがないですから。

今の時代は、はがきで応募する懸賞は面倒に感じる人が多いため、はがき応募は当たりやすいのかも!

たとえ何年か前の年賀はがきだとしても、送り先は知り合いではないので気をつかうことはありません。

普通のはがきと年賀はがき、どちらも懸賞で送ってみたことはありますが、私の場合は年賀はがきの方が当選しやすかったです。

普通のはがきだと目立たせるために色を塗ったりすることもありますが、絵の描いてあるタイプの年賀はがきだとそのような手間が省けたりします。

また、職場でも広報を通じて懸賞を行なっており、応募はがきが毎月届いていますが、その半数以上が、今は書き損じの年賀はがきが利用されていたりします。

余りの年賀はがきを懸賞に使うのはおすすめですよ!

年賀はがきを普通はがきにする交換手数料は?手数料支払いは切手でもOK!

62円の年賀はがきなら手数料を5円払えば62円の普通はがきに交換できます。

またこの手数料は現金だけでなく5円切手でも可能です。

私は子供のころ1円切手を収集していたので(意味のわからない子供時代のコレクション(-_-;))、今だに使うことのない1円切手をたくさん持っています。

で、さすがにその趣味はもうなくなったので、郵便局で年賀はがきを交換するときに1円切手も一緒にもっていって手数料を切手で支払いました。

ちなみに、

去年の年賀はがきを、手数料を少し払ってでも、今年の年賀はがきにできればいいなと思い郵便局に聞いてみましたがそれはダメでした

ただ、今年の年賀はがきなら販売期間内なら交換できます。

手数料を払えば、
・年賀はがき⇒普通はがきはOK!
・今年の年賀はがき⇒今年の年賀はがきは販売期間内ならOK!

・普通はがき⇒年賀はがきはダメ!
・去年の年賀はがき⇒今年の年賀はがきはダメ!

手数料の最新情報は郵便局の公式サイトで確認できます。

日本郵便公式サイト

まとめ

年賀状を送ろうと前もって年賀はがきを何枚か購入したとしても、相手から喪中はがきが届いたり、手書きで住所を間違えてしまったり、印刷が失敗したりした送れなくなってしまった年賀はがきが毎年数枚はでてきますよね。

5円出してあまり使わないハガキに交換するよりも、そのまま懸賞用のハガキとして使うのが1番!

はがきの価格が62円に変わったため、2018年や2017年の年賀はがきには10円切手を貼る手間はあるものの、せっかく購入した年賀はがきです。

そのまま眠らせておくよりも、ちょっとした夢を見るのに利用してみたら、もしかしたら年賀はがき以上の物が手に入るかもしれません

おすすめ記事!
この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ