子供とお出かけ!三重県伊賀市のモクモクファームの混雑や駐車場は?

子育て お出かけスポット

三重県伊賀市にあるモクモクファームに子供と行ってきました!

こちらでは混雑具合、駐車場、アクセス、ランチ、授乳室やベビーカー情報、楽しみ方や見どころなどをご紹介します。

[アドセンス]

スポンサーリンク

モクモクファームの混雑具合は?

三重県伊賀市のモクモクファームに月曜日のお昼前に到着するように子供と出かけました。

平日だったので駐車場も空いており、入り口近くに停めることができました。

土日やゴールデンウイークなどの連休、イベント時(収穫祭)などは混雑するので、車が近くに停められない場合は第二駐車場から無料バスに乗って入り口まで来ることになります。

スポンサーリンク

モクモクファームの駐車場

駐車場は無料です。

モクモクファームの入り口から坂を上がったところに駐車場があります。

混雑していて停められない場合は第二駐車場になりますが、警備員さんが道案内してくれているので、案内に従って第二駐車場に行くことができます。

第二駐車場も料金は無料です。

第二駐車場はモクモク入園口まで徒歩で約10分の距離ありますが、モクモクまで無料のシャトルバスを運行しています。

モクモクファームのランチ情報

入り口にカフェや、和食レストランがありますので、そこで食べるのもいいですし、中に入ってバーベキューやバイキングのレストランもあります。

手作りお弁当を持ってきて、食べるのもいいと思います。ただレジャーシートを持ってきている人は見かけません。

園内で散歩しているミニブタくんには食べ残しを上げないように気を付けてください。

自動販売機はあるの?

なんと自販機はゼロです。

ただし各屋台や店舗で飲み物を購入できます。

水筒の持ち込みはOKです。

バイキング

モクモクの工房でつくったハム・ソーセージやパン・パスタ・地ビールや地元伊賀産などの季節のお野菜をたっぷりつかったお料理が楽しめるバイキングのPaPaビアレストラン。

団体客で混雑しているときもあるので先に予約をしておくことをおすすめします。

土日祝なら1か月前の月の1日から予約できます。

予約窓口: 0595-43-1489 (受付時間 9~17時)

モクモクファームの楽しみ方・見どころ

モクモクファームでは豚や羊、牛やポニーなど、沢山の動物と触れ合うことができます。

特に豚のショーは滑り台を滑ったり玉転がしをしたり、ゆる~いですが、とっても面白いです。

またポニーの乗馬体験や、牛の乳搾りなども体験することができます。

生き物についてスタッフさんがいろいろ教えてくれますので、子どもの勉強にもとてもいいと思います。

またビール工房ではビールを作っている見学ができたり、ソーセージを作っている見学ができたりしますので、大人も楽しめますよ。

期間によって異なりますが、いちご狩りや椎茸狩り、ブルーベリーのケーキ作りなども追加料金で楽しむことができます。自然をいっぱい楽しめるのが魅力です。

授乳室・トイレ情報

入り口にあるインフォメーション、パパビアレストラン内、ぶたのテーマ館横に授乳室があります。

ログハウスのような建物になっている授乳室もあって、わかりにくいかもしれませんが、とっても広くて使いやすいです。

トイレも数カ所あります。

トイレはオムツ台が付いているところと付いていないところがあります。

ベビーカーで行ける?

ベビーカーの方の通れるスロープがあり、園内全域を回れるようになっていますが、急な坂が多いのでベビーカーだと押しにくいところもあります。

広い敷地なので、歩くのも大変かと思いますが、できたらベビーカーと一緒に抱っこ紐も持参した方が動きやすいかもしれません。

1000円のデポジット制で貸し出しもしていますが(予約不可)、台数に限りがあるので自宅から持っていくことをおすすめします。

アクセス

住所:三重県伊賀市西湯舟3609

車の場合
・大阪(名阪国道)→壬生野IC下車→モクモクまで約10分
・名古屋(名阪国道)→壬生野IC下車→モクモクまで約10分
・名古屋・四日市(東名阪自動車道→新名神)→甲南IC下車→モクモクまで約15分
・京都・滋賀(名神高速→新名神)→甲南IC下車→モクモクまで約15分

電車の場合
JR柘植駅よりタクシーで約15分
※JR柘植駅よりモクモクファームへのバスの運行はありません

まとめ

公式サイトで最新のバイキング情報やイベント情報が確認できます。

伊賀の里モクモク手づくりファーム

敷地がとても広く坂道もあるので、抱っこのお子さんはベビーカーと抱っこ紐があると便利です。

また豚は放し飼いにされているので、触って動物とふれあうことができます。

手洗い場所が数カ所あるので、動物を触ったら必ず手を洗うようにしましょう。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ