ホームステイ先に「よろしくお願いします」の英語メール!たった5分で書ける例文!

生活全般


ホームステイ先に「よろしくお願いします」の英語メールついて、ホームステイ経験もあるアメリカ在住の女性に教えてもらいました。

英語が苦手でも5分程度で簡単に書けるような内容になっています!
[アドセンス]


スポンサーリンク

ホームステイ先に英語メール

こんにちは!私は10年以上アメリカに暮らしていますが、中学校、高校のときに日本から、オーストラリアのブリスベン、またアメリカのオレゴンにホームステイをしました。

その際にホームステイ先の家族宛に、英語の苦手だった母と一緒に事前に挨拶の手紙を書いたのを覚えています。

今の時代はイーメールが主流ですが、文面の構成やスタイルは変わらないでしょう。

できるだけ簡単に書ける書き方を紹介しますので、これからホームステイを予定している方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

例文!5分で書ける!ホームステイ先への事前メール

ではここで、5分で書けるホームステイ先へ「よろしくお願いします」の事前メールの例を紹介します。

こちらは例文になります。完結ですが、必要な情報が入ったよい挨拶になっています。

コピペして、名前や場所などを変更して使ってください^^

Subject line: Greetings – Miria SatoDear Mr. & Mrs. Smith,

Hello, my name is Miria Sato from Osaka, Japan.
Thank you so much for allowing me to stay at your home from August 10th to 19th, 2018.
I am very excited to spend some time with you and learn English in Oregon.
I love swimming and art, so I’d love to see the beautiful beach and go to the museum while I’m there.
If you have any questions about me, please let me know.
I’m looking forward to meeting you.

Sincerely,
Miria Sato

 

件名:ご挨拶-佐藤みりあ
スミス夫妻へこんにちは。私は大阪在住の佐藤みりあです。
この度は、2018年8月10日から19日までお宅に滞在させていただきありがとうございます。
あなた達と時間を過ごし、オレゴンで英語を勉強することを楽しみにしています。
私は泳ぐことと、芸術が好きなので、滞在中には美しいビーチと美術館に行ってみたいです。
もし私に質問があれば、是非教えてください。
お会いするのをとても楽しみにしています。佐藤みりあより

英語メールは簡単に書ける5ステップ!

では上のメールを完成させるための簡単な5つのステップを見ていきましょう。

1.件名
まずは件名ですが、迷惑メールと間違われないように、ホームステイでお世話になる者だと分かるようにしましょう。

2.宛名
そして、本文に宛名を入れます。相手の両親が結婚していると確信があるときは、「Mr. & Mrs. 名字」とします。

しかし、離婚したカップルや、結婚しても旧姓を名乗る人もいますので、もし自信がなければ、「The 名字 Family」としてもいいでしょう。

3.日程確認
次に、いつからいつまでお世話になります、と書くと確認になってよいでしょう。

特に時差がある場合は、現地時間に合わせて日程を書くようにしましょう。相手の予定している日時と違うとびっくりしてしまうかもしれません!

4.希望
これはオプショナルですが、実際にホームステイをしたり、ホームステイを受け入れたお宅から話を聞いて学んだのは、ホストファミリーは、留学生に何をしてあげたら一番喜ぶか、悩むものです。

なので、事前にどんなアクティビティや施設が回りにあるか調べて、やりたいことをリストしてあげたり、趣味を書いてあげると親切だと思います。図々しいとはとられないと思います。

5.終わりに一言
最後に、もしホストファミリーに疑問に思っていること(嫌いな食べ物や、生活習慣などについて)があったら事前に知りたいので、何でも質問してね、ということと、会うのを楽しみにしていることを伝えます。

「~より」というのは「Sincerely,」とします。

事前メールの知っておきたい3つのルール

ここで、挨拶メールを書くにあたり、覚えていてもらいたいルールは3つあります。

1. 丁寧になり過ぎない
最初は、丁寧になり過ぎないこと。日本人からすると「お宅に泊めてもらう」、「とっても厄介になる」と考え、こんな挨拶だとカジュアル過ぎないか、と思うかも知れませんが、欧米ではあまりへりくだると逆に不自然ですので、このくらいで丁度いいでしょう。

2. 謙遜しすぎない
次は謙遜しすぎないこと。自分を謙遜するのは、日本では美徳ですが、欧米では自信が無いと思われてしまいます。

特に親が子供のことを「できの悪い息子ですが…」なんて言うと、もしかすると子供を虐待しているかも、なんて思われることもあるかもしれません。自分や家族を卑下する表現は避けましょう。

3. 完璧にこだわらない
完璧な英語を求める必要はありません。

相手も異文化体験を楽しみにしていますし、英語が母国語では無いことを知っています。

完璧な難しい英語で挨拶を送ってしまうと、「ああ、この子は英語ができる」と思われてしまい、会った時に大変な思いをするかもしれません。

まとめ


今回は、簡単に書けるホームステイ用の事前挨拶「よろしくお願いします」メールの書き方を紹介しました。

難しく考えず、完結にまとめましょう!

こちらの例文をコピーしてメールしてもOK!名前や場所は変えてくださいね。

では、みなさん素敵なホームステイをお過ごし下さい。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ