東京駅から愛宕神社へのアクセス方法まとめ(電車・バス・タクシー・徒歩)

お出かけスポット


東京駅から愛宕神社へのアクセス方法(交通手段)をまとめました。東京駅から愛宕神社へのアクセス方法としては、以下のようなものがあります。それぞれの所要時間や料金についてもお伝えします。

・電車
・バス
・タクシー
・徒歩


スポンサーリンク

東京駅から愛宕神社へ電車でアクセスするには?

東京駅から愛宕神社までのアクセス方法で一般的なのは「電車」の利用です。電車でも東京駅から愛宕神社まで行くのにはいくつかのアクセス方法があります。

①東京駅から山手線(外回り)で2駅の新橋駅で下車、徒歩16分
②東京駅から山手線(外回り)で2駅の新橋駅で下車、東京メトロ銀座線に乗り換え虎ノ門駅で下車、徒歩11分
③東京駅から東京メトロ丸ノ内線で 銀座駅で下車、東京メトロ銀座線に乗り換え虎ノ門駅で下車、徒歩11分

東京駅から電車で行く場合は、山手線でも東京メトロ丸ノ内線でも日中は電車を待つことのない間隔で出ています。

乗り換えなしのアクセス方法

乗り換えが苦手な方は①の方法なら乗り換えなしで愛宕神社まで行くことができます。料金も140円で安いのでコストパフォーマンスもいいです。

まず東京駅よりJR山手線の外回り(渋谷・新宿方面)に乗車します。東京駅→有楽町→新橋駅(約4分)。2駅目の新橋駅で下車します。徒歩で約17分ほどで愛宕神社に到着します。東京駅から愛宕神社の距離は約1.7キロです。2キロ近くあるので普段から歩きなれている方におすすめのアクセス方法です。

↓新橋駅から愛宕神社までのアクセス方法(徒歩約17分、約1.7キロ)

・所要時間:①約20分、②約22分、③約20分
・料金:①大人140円、②大人310円、③大人170円
スポンサーリンク

東京駅から愛宕神社へバスでアクセスするには?

東京駅から愛宕神社まで「バス」でアクセスすることもできます。利用するバスは東急バスです。電車よりも下車してからは約5分なので下車してからは歩くことが少ないです。ただ、バス乗り場の東京駅南口までは徒歩で移動することになります。

・東京駅南口から「東98 等々力操車所ゆき」に乗車し約14分、愛宕山下で下車、徒歩5分

こちらで運賃や経路などが確認できます。
【東急バス】運賃・経路・時刻表検索

バスの本数ですが、日中であれば1時間に3~4本の間隔で乗ることができます。バス料金は220円なのでそれほど高くありません。

東京駅南口までは徒歩で移動することが必要ですが、東京駅から愛宕神社までバスでアクセスしたいのであれば、ルートは以下のようになります。

まず東京駅から東京駅丸の内南口のりばに移動します(徒歩で約4分・約270m)。南口のりばののりば③で「東98 等々力操車所ゆき」に乗車します。約14分乗り、愛宕山下(あたごやました)で下車します。愛宕神社までは徒歩で約5分で到着します。愛宕山下から愛宕神社までの距離はおよそ400mです。

↓下車したバス停「愛宕神社」から愛宕神社までのアクセス方法(徒歩約5分、約400m)

・所要時間:約23~30分
・料金:大人220円

東京駅から愛宕神社へタクシーでアクセスするには?

東京駅から愛宕神社まで「タクシー」で向かうと、約10~15分ほどで到着します。ただそのときの交通量や交通規制などにも影響されるので多少前後することが予想されます。

東京駅から愛宕神社までのタクシー料金の目安は、おおよそ1,370円~1,500円ほどです。もしタクシー料金が1,370円だった場合、3人で行けば1人あたり約456円になるので、電車やバスなどの公共機関での移動が苦手な方にはタクシーでのアクセスが一番おすすめです。

愛宕神社(あたごじんじゃ)までと伝えれば、タクシーなら確実に到着できます。タクシー乗り場で待つ可能性はありますが、移動しているときは人混みからは解放されます。

丸の内駅前広場タクシーのりばからタクシーに乗ることができます。
タクシー・バス乗り場の地図

・所要時間:約10~15分
・料金:約1,370円~1,500円

東京駅から愛宕神社へ徒歩でアクセスするには?

普段歩き慣れている方なら東京駅から愛宕神社へ徒歩で行くのもおすすめです。電車やバスの混雑を避けたいときは歩きもいいですね。

東京駅からは約3.2キロなので徒歩でのアクセスも可能です。かかる時間は歩くスピードによりますが約38分~50分くらいみておけばいいでしょう。道もほぼ平坦なルートなので無理なく歩くことができます。

・所要時間:約38分~50分
・料金:0円

まとめ

東京駅から愛宕神社へのアクセス方法をまとめてきました。東京駅から愛宕神社へ向かうには、電車を利用するのが一般的です。ぜひ愛宕神社の参拝や観光を楽しんでくださいね。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ