世界一受けたい授業(12月8日)有名すぎる文学作品!又吉先生が超簡単に紹介!銀河鉄道の夜・斜陽・檸檬のあらすじ

テレビで紹介(番組別) 世界一受けたい授業

12月8日放送の世界一受けたい授業で有名すぎる文学作品の内容を、又吉先生が超簡単に紹介していました。!



スポンサーリンク

有名すぎる文学作品!又吉先生が超簡単に紹介!

銀河鉄道の夜:宮沢賢治

ある日主人公のジョバンニは夜空を眺めていました。ふと気が付くと、ジョバンニは親友のカンパネルラと一緒に列車に乗っています。二人は銀河鉄道に乗って、見たこともない場所を旅します。すると突然カンパネルラが消えてしまったのです。
目を覚ましたジョバンニは、家路につくと、人込みを発見し、そこでカンパネルラが友達を助けるため川に入り、亡くなっていたことを知ります。悲しみをこらえ、ジョバンニは家に帰っていきました。

斜陽:太宰治

主人公かず子は、親に言われるがままに生きてきた、世間知らずのお嬢さん。終戦後貧困に苦しみ、父は病死、兄は荒れてしまい、周りに翻弄される人生を送るかず子。
ある時かず子は上原という男に出会い、恋をします。そして兄に「革命家になるの」と言い、上原の子を身ごもりました。そしてシングルマザーとして生きていくことを決意します。

檸檬:梶井基次郎

精神を病んでいた青年は、憂鬱な気持ちで毎日を過ごしていました。そんな彼の行きつけは、丸善。以前は見たこともない商品を見ることが楽しかったのに、近頃はむしろ丸善でさえ息苦しく感じていました。
そんな時、青年は生花店で色鮮やかな檸檬を見つけます。匂いを嗅ぐと、何だか元気が出たように感じた青年は、再び丸善へと向かいます。
しかし憂鬱な気分が抜けません。そこで、自分で散らかした画集を乱雑に重ね、そのうえに檸檬爆弾に見立て本の上に置き、丸善を後にするのです。

スポンサーリンク

有名すぎる文学作品!又吉先生が超簡単に紹介!のまとめ

2018年12月8日放送の世界一受けたい授業で又吉先生が有名すぎる文学作品の内容を超簡単に紹介していた内容をまとめてきました。

純文学は難しい印象でしたが、簡単に説明させると、とても読んでみたい気持ちになってきました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ