バスタオルって何年くらい使えるの?ゴワゴワになったタオルを復活させる方法!

生活全般


どこのご家庭にもあるバスタオルですが、使い始めてどれくらいか覚えていますか?

取り替えるタイミングがわからなくてゴワゴワしていませんか?

タオルって内祝とかお返しでいただくものの中に上位に君臨しているものだったのですが、いただきものにセレクションを利用する方が増えたせいか、ストックも少なくなっているのでは。

「またタオル」といいつつも必需品ですし、いただきものはブランド品でしっかりした品質なので、洗濯にも耐えてくれて永く使えて良かったんですけどね。

購入するようになってからは、柄や値段で選びがちなのでお取替え時期も早まっているように感じます。

[アドセンス]

 



スポンサーリンク

バスタオルって何年使える?こうなったら買い替え時期です!

このタオルどれくらい使っているの?と聞かれても、アレ?いつ変えたっけ?と考えても即答出来ないほど使っています。といっても、数年単位ですけど。

食品の賞味期限と違って、タオルにはどこにも期限は書いていないですよね。

お風呂上りのバスタオル・・・

・毎日交換しますか? or 2日以上使いますか?
・使っているのは1~2枚? or 複数枚?

毎日交換=毎日洗濯だと、傷みも早そうですよね。

交換の目安は、【1年間使用】か【30回洗濯】という言葉を目にしますが、30回洗濯ということは、毎日洗濯している人は1ヶ月で交換しなくちゃいけなくなります。

ムリです。

100円ショップのものだったら許せるかもしれませんが。

新しいタオルで気持ち良い新年を迎え、1年間お疲れ様でした、と掃除等に使ってお役ごめん!となるのが理想なのかもしれませんね。

でも、ごわつきもなくニオイや汚れも気にならないのであれば、特にタオルを交換しようとは思わないですよね。

買い替え時期はご家庭によってさまざまで、個々の判断にお任せ!で良いのではないでしょうか。

ただし、その個々の判断がご家庭内でもさまざまなんですよね。

・ごわつき
・ニオイ
・汚れ

「ごわつきが好き」という方は意外と多いらしいです。

これは好みの問題なので仕方ない、と諦めて、その方の意見を尊重しましょう。

でも、ニオイや汚れはNGでしょう。

ちょっとしたシミ程度なら良いですが、ニオイや汚れはカビや雑菌から来るものなので、使い続けるのは体に悪いはず。

なんとしても、交換あるのみです。

スポンサーリンク

まだまだ使える! ゴワゴワになったタオルをふわふわに!

タオルをふわふわにするパイル(タオルのループ状の部分)が洗剤の残りカスや他の洗濯物との接触によって潰れてしまうとゴワゴワ感につながるそうです。

そのゴワゴワの原因がパイルの潰れであるなら、そのパイルを起き上がらせることが出来ればふわふわになるはず。

いつもより多めの水で洗って、洗剤がよく落ちるように多めにすすげば解消されるのではないでしょうか。

本当はタオルだけ別にたっぷりの水で洗うのが良いそうです。

「お酢」や「クエン酸」をティースプーン1杯分くらい入れると良いとも言われていますが、現在の洗剤との組み合わせではあまり効果がないようです。

[インフィード2記事内]

それでもふわふわにならなかったら、それはそのタオルの限界ということ。

限界になったらすぐゴミ箱へ…はもったいないと思いますよね。

タオルとしては限界でも、捨てる前に雑巾として使ったり、バスマットにしてみてはいかがでしょう。

タオルを細長く切ってつなぎ合わせ、3本で三つ編みをしていきます。

出来上がったものを平らにかたつむりのように丸めていって数ヶ所縫って止めればマットの出来上がり。

ワンちゃんの座布団にもなるかも。

長く使うには何日おきに洗濯?

交換時期は洗濯方法によっても変わるかも・・・

洗いすぎはゴワゴワの原因になるし、何日も使い続けるとニオイやカビの原因に。
じゃあ、そのタイミングは?

1日置きに洗うのが理想という声もありました。

ただ衛生的に、毎日洗いたいという声も多いです。

柔軟剤は禁止?

そしてビックリすることに、タオルに柔軟剤は禁止という声も。

・柔軟剤が表面の繊維を滑らかにするので吸水性に影響が出る

・柔軟剤を使用することでタオルのパイルが抜けやすくなることがある

柔軟剤を使わないとなると、タオル別洗いもアリですね。

でもこの柔軟剤禁止というのは、タオルを長持ちさせる意味もあるので、ちょっと使い込んできたタオルには柔らかい肌触りとふわふわ感が必要だと思うので、時々使うのはアリなのでは。

顔を拭いた時のふわっとした香りに包まれる幸福感は味わいたいですよね。

干すときのポイント

あと、タオルを干す前にパタパタと20回ほど上下に振りさばくというのも重要なポイントです。
空気が入ってパイルが起き上がる手助けになります。

干す場所も、殺菌効果を高めるためにバンバン太陽にあてなくちゃ、と思うかもしれませんが、タオルは太陽より風がお好みのようです。

風通しの良い日陰で空気を取り込みふわふわになっていただきましょう。

まとめ

お気に入りのタオルを長く使いたいなら、毎日の洗濯を避けるためにも最低でも3枚はお気に入りを作りましょう。

タオルの表面のパイルをカットしてなめらかな肌触りにするシャーリング加工が施されたタオルはプリントが表現しやすいので、キャラクタ―系のイラストも多く出ています。

通常のパイルのタオルよりゴワゴワ感が出にくいような気がするので、日々違うイラストのタオルを使って楽しんでみてください。

また、新しいタオルには、製造工程時に綿から出た綿のくずが付着していることがあるようなので、使用前に数回洗濯した方が良いそうです。

タオルでも色柄ものは色落ちがあるそうなので、使用前には洗濯するのが重要です。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ