ハナタカ!(11月29日)結婚式でスピーチ!恥をかかない最低限マナー

テレビで紹介(番組別)

11月29日放送の日本人の3割しか知らないことハナタカ!優越館で結婚式でスピーチするときの最低限マナーを紹介していました。進めていくのはくりぃむしちゅーの上田晋也さんとテレビ朝日アナウンサーの山本雪乃さん。

教えてくれたのは日本サービスマナー協会松原奈緒美さんです。

松原さんによると、スピーチは全体で5分程度に収めるのが良いそうです。



スポンサーリンク

結婚式のスピーチ

①まず新郎新婦にお祝いを言い次にご両家へお祝いを言う

「太郎さん、花子さん、本日は御結婚おめでとうございます。
ご両家の皆様 おめでとうございます。」

②自分の自己紹介をして着席を促す

「新郎太郎君の上司であります中島と申します。
どうぞおかけになってください。」

③エピソード話

注意するポイント
・「重ね重ね」「いろいろ」「くれぐれも」などの重ね言葉は結婚のお祝いには適さない。
・関係悪化を連想する「飽きる」「薄い」「嫌う」「冷える」「冷める」「泣く」「もめる」「耐える」といった言葉も避ける。

④結びの言葉はお祝いの言葉で締める

「本日は誠におめでとうございます。」

注意するポイント
・結びのお祝いの言葉で過去形は使わないように。
・「最後に」「終わる」「離れる」など忌み言葉は結婚式やお祝いに適さないので使わないように。

スポンサーリンク

結婚式のスピーチのまとめ

2018年11月29日放送の日本人の3割しか知らないことハナタカ!優越館で紹介していたスピーチするときの最低限マナーをまとめてきました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ