【きょうの料理】スモークサーモンのますずし風のレシピ!富山県(2月26日)

テレビで紹介(番組別) レシピ

2019年2月26日NHKテレビ番組のきょうの料理のつくろう!にっぽんの味47「富山県」で放送された、「スモークサーモンのますずし風のレシピ!」をご紹介します。プロ直伝のすし酢の配合も要チェック!

スモークサーモンで作るますずしは簡単で彩り華やかでおしゃれ!ひな祭りにもぴったりなますずしです。とろろ昆布や柚子の皮や錦糸卵を挟んでうまみたっぷりな香り豊かなお料理です。

底が抜けるタイプの直径18センチのケーキ型を使います。



スポンサーリンク

スモークサーモンのますずし風のレシピ!富山県

材料

<3~4人分>
スモークサーモン:8枚(100g)
洗い米:360ml(約300g) 
※米を洗ってざるに上げておいたもの。乾いた状態で280ml(約230g)が目安

【すし酢の材料】
酢:大さじ2と1/3
みりん:大さじ1と2/3
砂糖:大さじ1と1/3
酒:小さじ3/4
塩:小さじ1
昆布(3センチ四方):1枚

卵:2個
とろろ昆布:8g
ゆずの皮(せん切り):10g
いくら:20g
せり(ゆでて食べやすく切る):少々
塩:少々
サラダ油:適量

作り方

① 洗い米に米の体積から10%減らした水(約320ml)を加え、炊飯器で普通に炊く

② すし酢の材料を鍋に合わせ、さっと沸かしてすぐ火を止める。粗熱が取れたら子おんぶを取り出す。①をバンダイまたはボウルにあけて、すし酢を回しかけ、ざっくりと混ぜて冷ます。

③ 卵を溶きほぐし、塩を混ぜる。フライパンにサラダ油を弱火で熱し、卵を半量~1/3両ずつ流しいれて焼き色がつかないように薄焼き卵を2~3枚焼く。粗熱が取れたら細切りにして錦糸卵を作る。

④ ケーキ型の内側に薄くサラダ油を塗り、②のすし飯を詰める。とろろ昆布・ゆずの皮・錦糸卵の順に敷き詰める。

⑤ スモークサーモンを敷き詰め、いくらとせりを散らしてケーキ型から出して完成。

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

スモークサーモンといくらのオレンジ、錦糸卵のイエロー、セリのグリーンがきれいなますずし風です。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ