イッテQ(11月18日)珍獣ハンターイモト!ガーナ共和国3つの雑学

テレビで紹介(番組別)

11月18日放送のイッテQの珍獣ハンターイモトのガーナ共和国では紹介された3つの雑学をご紹介します。114か国目!



スポンサーリンク

珍獣ハンターイモト!ガーナ共和国3つの雑学

①ガーナ共和国では野口英世さんの像が飾られている

・その理由
細菌学者であった野口英世は、ガーナで流行っていた黄熱病について研究していた最中に、病気にかかり亡くなってしまったから。

・野口英世が残した成功する秘訣
目的 正直 忍耐

②ガーナのお葬式は超ド派手

・その理由
ガーナでは、死者が気持ちよく天国へ行けるようにという理由から、明るく盛大な葬儀をする風習がある

日本と違うところ
・棺桶ダンサーというものがいる
・プロの泣き屋がいる
・棺が色づけされた物が多い、鷲の棺桶、お魚棺桶、カカオ棺桶など

③ガーナには秘境と呼ばれる観光地がある:アンブレラ・ロック

・なぜ秘境なのか?
首都アクラの真上に位置するアンブレラ・ロックだが、道路は悪路のため時間がかかり、観光客が近寄らない秘境となっている。

・アンブレラ・ロックと言われている由来
雨風で、岩の真ん中が凹んだ状態になり、傘のような見た目になった事からその名前が付いた

スポンサーリンク

珍獣ハンターイモト!ガーナ共和国3つの雑学のまとめ

2018年11月18日放送のイッテQの珍獣ハンターイモトのガーナ共和国では紹介された3つの雑学をまとめてきました。

ガーナという場所はカカオのイメージしかなかったですが、沢山面白そうな風習や、美味しそうな食事がありました!

同じ日に放送されたそのほかのまとめ

【行列のできる法律相談所】有村架純が食べたお肉屋さん

【初耳学】林先生が知らなかった雑学①

【初耳学】林先生が知らなかった雑学②

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ