【きょうの料理】ふわふわ卵ご飯・オクラの彩りご飯・ネオ卵かけご飯のレシピ!ごはんの上にのせるだけで完成する朝ごはん!島本薫さん(3月18日)

テレビで紹介(番組別) レシピ

2019年3月18日NHKテレビ番組のきょうの料理の新生活応援レシピで放送された、島本薫さんの「ふわふわ卵ご飯・オクラの彩りご飯・ネオ卵かけご飯のレシピ!」の材料と作り方をご紹介します。ごはんの上にのせるだけで完成する朝ごはん!



スポンサーリンク

ふわふわ卵ご飯のレシピ!

材料

【1人分】
卵:1個
めんつゆ(市販/ストレート):小さじ1と1/2
ちりめんじゃこ:適量
青じそ:1枚
ご飯(温かいもの):茶碗1杯分
サラダ油:小さじ1

作り方

① ボウルに卵を割り入れてめんつゆを加え、箸を少し広げた状態で卵を軽く溶きほぐす(混ぜすぎると出来上がりが堅くなるので注意)

② フライパンにサラダ油を弱めの中火で熱し、箸で卵液を少したらしてジュッと音がしたら卵液を入れる

③ 固まりはじめたらゆっくりと箸を動かし、卵をまとめる(箸は細かく動かさず、大きく井の字を書くように動かす)

④ ③をご飯にのせ、ちりめんじゃこを散らし、料理ばさみで細切りにした青じそをのせて食べる

スポンサーリンク

オクラの彩りご飯のレシピ

材料

【1人分】
オクラストック(※):50g
ひじきのふりかけ(市販):大さじ1
からし明太子:2切れ(15g)
ご飯(温かいもの):茶碗1杯分
しょうゆ:少々

作り方

① オクラストックを凍ったまま耐熱容器に入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)に約1分間かけ、少し堅めに解凍する。

② しょうゆを加えてかき混ぜ、ご飯にのせる。

③ ひじきのふりかけ、からし明太子をのせて完成!

※オクラストックの作り方

① オクラ10本(120g)はヘタの先を少し切り、ガクをぐるりとむく。

② まな板に並べて塩(小さじ1)をふり、転がす。

③ 塩がついたままのオクラを熱湯(カップ5)に入れ、2~3分間ゆでて冷水にとる。

④ 冷めたらザルに上げ、紙タオルで水けを拭く。

⑤ 5ミリ幅に切り、冷凍用保存袋に入れて平らにし、冷凍する。

ネオ卵かけご飯のレシピ

材料

【1人分】
<そぼろストック(2回分)>
・パプリカ:1/2個(正味100)
・牛ひき肉:150
・焼肉のたれ(市販):大さじ3

卵:1個
ご飯(温かいもの):茶碗1杯分
サラダ油:小さじ1

作り方

① そぼろストックを作る。パプリカは種とワタを除き、縦1センチ幅に切って長さを半分に切る。耐熱皿に入れ、ふんわりとラップをして軽くしんなりとするまで電子レンジ(600W)に約2分間かける。

② フライパンにサラダ油を中火っで熱し、①のパプリカとひき肉をフライパンの中で分けて炒める。肉の色が変わったら全体を混ぜ合わせる(脂が多ければ紙タオルで拭く)。焼肉のたれを加えて、全体にからませる。

③ ポーチドエッグを作る。卵は器に割り入れる。鍋に水(カップ5)と塩(小さじ1/2)を入れて火にかけ、沸騰したら酢(大さじ2)を加え、再び沸騰したら弱火にする。スプーンで湯をかき回して渦を作り、中心にそっと卵を加える。約2分間、黄味が半熟になるまでゆで、網じゃくしですくう。紙タオルで水分をおさえる。

④ ご飯に温めたそぼろストックの半量をのせ、ポーチドエッグをのせて完成!

そぼろストックの保存期間

清潔な保存容器に入れ、冷蔵庫で約3日間保存可能。

食べる時は耐熱容器に入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで約1分間温める。

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ