【林修の初耳学】血管が青く見えるのはなぜ?など知っていると自慢できる豆知識5つ

テレビで紹介

2019年1月27日テレビ番組の林修の初耳学で放送された、「血管が青く見えるのはなぜ?など知っていると自慢できる豆知識5つ」を紹介します。 



スポンサーリンク

知っていると自慢できる豆知識

血管が青く見えているのは目の錯覚

本当は赤系統の灰色をしている。
血管の周りには、色々な色があるので、目の錯覚で青く見えている。

宇治茶は京都産でなくても宇治茶と名乗れる

京都だけでは宇治茶が足りない。
そのため、京都に風土が似ている、滋賀、奈良、三重で作った宇治茶でも、京都で加工されたものなら宇治茶と名乗ってもいい。

二十世紀梨は千葉のごみ置き場から発見された

愛媛県で有名ないよかんは元々山口県のもの

愛媛は苗木をもらっただけ。
愛媛は風土が合っていたため、いよかんがよく育ち、有名になった。

明石焼きは元々捨てられるはずの黄身から作られた

明石焼きが生まれる前、兵庫には明石玉(赤い装飾品)が有名だった。
それを作るために必要だったのが白身の部分。
その時に使わなかった黄身の部分で作ったのが、明石焼き。

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

へぇと思う知識がたくさん紹介されていました!知れて良かったです!

スポンサーリンク

ページの先頭へ