【教えてもらう前と後】インフルエンザ予防!手洗いは何秒くらいが目安?消毒は?(1月21日)

テレビで紹介(番組別) 健康 教えてもらう前と後

2020年1月21日テレビ番組の教えてもらう前と後で放送された、「インフルエンザ予防!手洗いは何秒くらいが目安?消毒は?」をご紹介します。教えてくれたのは大谷義夫院長。



スポンサーリンク

インフルエンザ予防!手洗いは何秒くらいが目安?消毒は?

手洗いは何秒くらいが目安?消毒は?

手洗い:30秒

消毒:15秒

ウイルスを防ぐ手の洗い方!

手のひら&手の甲

指の間

爪の先

手首

※手洗い時間の目安は30秒!

※顔にもウイルスがつきやすいのでついでに洗うといい。

スポンサーリンク

そのほかのインフルエンザ予防法

スマホを消毒

家に帰ったらスマホをアルコール入りのウェットティッシュで消毒!

表面も裏もツルツル素材のスマホには、インフルエンザウイルスが約24時間生きている。

そのためしっかり手洗いしてもスマホを触ると手はウイルスだらけに。

ちなみにタオルなどのでこぼこ素材には約15分。

20分ごとに喉を湿らす

喉を湿らすことで免疫アップ!

喉の免疫細胞は乾燥に弱い。湿らすことで免疫アップ。

お茶は殺菌作用があるのでおすすめ!

インフルエンザウイルスは喉につくと早期に体内にいくため、1日数回のうがいでは防げない。

大谷義夫さんの本

絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ