【世界一受けたい授業】チャドクガの幼虫(毛虫)に触れてしまったときの対処法!(8月10日)

テレビで紹介(番組別) 生活

2019年8月10日テレビ番組の世界一受けたい授業の夏に気をつけたい虫刺されで放送された、「」をご紹介します。教えてくれたのは夏秋優先生。

チャドクガの幼虫の黒い部分には約0.1ミリの毒針毛が30万本もあり、毒の毛が触れると、1~2日後に激しいかゆみをともなった赤い発疹がでる。

ツバキやサザンカなどの椿科の植物を好む。公園や生垣などに植えられているので、発生する時期は近づかないことが大切。

チャドクガの幼虫は年2回出現(5~6月、8~9月)!



スポンサーリンク

チャドクガの幼虫(毛虫)に触れてしまったときの対処法!

触れてしまったときの対処法

・チャドクガの幼虫に触れたら最初に「ガムテープ」を使う!

ガムテープで貼りはがしをして、皮膚に乗っている毒針毛(どくしんもう)を粘着で取る。

そのあとは石けんをつけてシャワーで洗う。

そうすることで刺さっていない毒の毛は除去できるため、より症状は軽くなる。

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ