【ヒルナンデス】夏の血糖値ダイエット!血糖値上昇を抑えるオクラ・わかめ・枝豆の効果!1日血糖値の上昇を抑えるサラダ!水野雅登さん(6月24日)

テレビで紹介(番組別) ダイエット ヒルナンデス 健康

2019年6月24日テレビ番組のヒルナンデスの夏のダイエットの新常識を公開で放送された、「夏の血糖値ダイエット!血糖値上昇を抑えるオクラ・わかめ・枝豆の効果!1日血糖値の上昇を抑えるサラダ!」をご紹介します。教えてくれたのはアキバ水野クリニック院長の水野雅登医師。太る原因はカロリーではなく糖質。

「ヒルナンデス!」の記事一覧はこちら!



スポンサーリンク

血糖値上昇を抑える!

カレーと一緒に食べると最も血糖値の上昇を抑える夏野菜は?

正解:オクラ!

小麦粉・白米が血糖値を上げてしまうカレーは、オクラと一緒に食べると良い。

オクラの食物繊維(ムチン・ペクチン)が糖質の吸収を穏やかにしてくれる作用がある。

ゴーヤはチャランチン、コロコリン酸、モモルデシンが血糖値の上昇を抑えるが、オクラの方が血糖値を抑える効果が高い。

そうめんと一緒に食べると最も血糖値の上昇を抑える食材は?

正解:わかめ!

わかめの海藻特有の水溶性食物繊維(アルギン酸)が食後の糖分や塩分に吸着し排出。

おすすめそうめんレシピ

血糖値の上昇を抑えるオリーブオイルそうめん!

めんつゆの代わりに、オリーブオイルと塩をそうめんに混ぜて食べる。

オリーブオイルで麺をコーティングし消化吸収が穏やかに。

<材料>
オリーブオイル
そうめん

バーベキュー定番の食材で糖質が多い食材は?

とうもろこし、玉ねぎ、ソーセージ、ピーマン、牛肉の順で糖質が多い。

糖質が一番多いのはとうもろこし!

糖質が一番少ないのは牛肉!

糖質量(100gあたり)

とうもろこし(13.8g)
玉ねぎ(7.2g)
ソーセージ(3.0g)
ピーマン(2.8g)
牛肉(0.1g)

ビールのおつまみで最も血糖値の上昇を抑える食材は?

正解:枝豆!

枝豆に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を抑える。

枝豆に含まれる成分「メチオニン」が二日酔いを防止してくれる効果。

朝食で一番最初に食べると1日血糖値の上昇を抑えるサラダは?

正解:アボカドとクリームチーズのサラダ!

アボカドは糖質が0.9g(100gあたり)の低血糖野菜。不飽和脂肪酸が血糖値を抑える。

不飽和脂肪酸は青魚やオリーブオイルに含まれていて消化吸収が早く体脂肪になりにくい。

クリームチーズも糖質は2.3g(100gあたり)。

スポンサーリンク

今日の感想とまとめ

参考になりました。

「ヒルナンデス!」の記事一覧はこちら!

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ