【それって実際どうなの課】築200年古民家のモノをフリマアプリで売ったら金額はいくらになった?&フリマアプリで売るポイント5つ!(6月5日)

テレビで紹介(番組別) お金

2019年6月5日テレビ番組のそれって!?実際どうなの課の出張フリマアプリ部屋のモノ全部売ったら実際いくらになる!?で放送された、「築200年の古民家の小屋のモノを全部売ったらいくらになった?&フリマアプリで売るポイント5つ!」をご紹介します。使ったフリマアプリはメルカリです。



スポンサーリンク

売れた合計金額は?出品数&売れた数

・総出品数:157品

・売れた数:42品

・売上:5万7364円

※送料&手数料を除き、約3万円の収入!

スポンサーリンク

売れたもの&売れなかったもの【アイテム&価格】

売れたもの

中古の風呂桶&椅子(2個セット):3999円
空のビール瓶(22本セット):3200円
中古のベビーサークル:3900円
温泉たまごを作る調理器具:777円
親戚の子供の習字セット:1999円
片手鍋3個セット(新品):2400円
中古の食器セット:1300円
中古の子供服:500円
ビール&清酒ケース(7個セット):1500円(送料購入者持ち)
など

売れなかったもの

木彫りの観音像(送料込):3333円
デスク付きパイプ椅子(2個セット):4500円
使い古した鍬(4本セット):1200円
など

ほかに出品していたもの

すのこ(3個セット):1499円
ボロボロのはかり:2499円
竹かご:1200円
約60年前の文学全集(72巻中69巻):11111円
20年以上前に買ったポット:999円
約5年前の毛皮の襟巻き:11111円

フリマアプリで売るポイント5つ!

ポイント1:相場をリサーチ!同じ商品が過去に売れた値段を検索

ポイント2:大荷物の場合送料を買い手負担で出品してみる

ポイント3:買い手からのコメントには迅速に対応

ポイント4:丁寧な梱包は出品者の評価アップになり売れやすくなる

ポイント5:値下げ&タイトル変更で再出品!人目につきやすいトップページに

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ