【この差って何ですか】美文字!字が劇的に整う3つのコツ!萩原季実子さん(7月9日)

テレビで紹介(番組別) 生活

2019年7月9日テレビ番組のこの差って何ですか?で放送された、「」をご紹介します。教えてくれるのは誰でも一瞬で字がうまくなる大人のペン字練習帳の著者の萩原季実子さん。就職活動で書類審査は一度も落ちたことがないそうです。

萩原によると整った字を書くためには3つの基本ポイントを意識すれば、だれに見せても恥ずかしくない整った字が書けるようになるそうです。



スポンサーリンク

整った字を書く3つのポイント

書き始めに「打ち込み」を入れるべし!

文字の書き始めに斜め45度の「打ち込み」を入れる。

字が重なっている部分は「打ち込み」を入れない。

※打ち込みのルールは「漢字」と「カタカナ」だけに使う。「ひらがな」は打ち込まないで、柔らかさや曲線を意識する。

一、ニ、三で横線をマスターすべし!

横線はすべて違う向きで書く。

※文字の書き始めには「打ち込み」を。

一の書き方

弓なりに反ったゆるやかなカーブを描く。

ニの書き方

一画目は斜め上へ。

二画目は弓なりに反る。

三の書き方

一画目は斜め上へ。

二画目は真横にまっすぐ。

三画目は弓なりに反る。

四角形は逆台形にすべし!

(口、申などの字)四角形の縦線はまっすぐおろさず、逆台形になるように斜めにおろす。

囲みの中にある横線は、あえて縦線とつけず、すき間を作る。

※ただし、(日、目、自など)縦長の四角形は逆台形にしない!

スポンサーリンク

自分の名前がきれいに書ける!萩原季実子の大人の美文字レッスン帳【本】

大人のペン字練習帳 誰でも一瞬で字がうまくなる【本】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大人のペン字練習帳 誰でも一瞬で字がうまくなる [ 萩原季実子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/7/10時点)

おすすめ記事!

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ