【きょうの料理】高井英克さんのゴーヤーレシピ!ゴーヤーのチンジャオロースー風・ゴーヤーのかき揚げ・ゴーヤーのにんにくじょうゆ漬け(7月31日)

テレビで紹介(番組別) レシピ きょうの料理

2019年7月31日NHKテレビ番組のきょうの料理のたっぷり食べようグリーン夏野菜で放送された、「高井英克さんのゴーヤーレシピ(ゴーヤーのチンジャオロースー風・ゴーヤーのかき揚げ・ゴーヤーのにんにくじょうゆ漬け)」の材料と作り方をご紹介します。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら



スポンサーリンク

ゴーヤーのチンジャオロースー風のレシピ

材料(2~3人分)

ゴーヤー:1本(200g)
牛カルビ肉(焼き肉用):180g
にんじん:50g
もやし:1袋(200g)

<A>
しょうが(みじん切り):1かけ分(10g)
にんにく(みじん切り):1/4かけ分
しょうゆ:小さじ2
酒:小さじ2
かたくり粉:小さじ1
塩:少々
こしょう:少々

<B>
酒:大さじ1
しょうゆ:大さじ1
砂糖:大さじ1
オイスターソース:小さじ2
顆粒チキンスープの素(中華風):小さじ1
ごま油:小さじ1

サラダ油

作り方

下ごしらえをする

牛肉は細切りにしてボウルに入れ、Aをもみ込む。

ゴーヤーは縦半分に切り、ワタを除いて2ミリ厚さの薄切りにする。

にんじんは3センチ長さのせん切りにする。

もやしは好みでひげ根を除く。Bは混ぜ合わせる。

炒める

フライパンにサラダ油大さじ2を中火で熱し、牛肉とゴーヤー、にんじんを炒める。

仕上げる

牛肉の色が変わり、ゴーヤーにつやが出たらもやしとBを加えて1分間ほど炒める。

軽くとろみがついたら火を止める。

スポンサーリンク

ゴーヤーのかき揚げのレシピ

材料(2~3人分)

ゴーヤー:1本(200g)
豚バラ肉(薄切り):120g
紅しょうが:30g
天ぷら粉:大さじ2

<A>
天ぷら粉:80g
水:120ml

<おかかじょうゆ>
削り節:3g
しょうゆ:大さじ1と1/2
サラダ油:大さじ1と1/2
砂糖:大さじ1
白ごま:大さじ1

揚げ油

作り方

1. ゴーヤーは縦半分に切り、ワタを除いて2ミリ厚さの薄切りにする。

豚肉は2センチ幅に切る。

ボウルにゴーヤーと豚肉、汁けをきった紅しょうがを入れ、天ぶら粉をまぶす。

2. 別のボウルにAを混ぜ合わせ、1に加えてサックリと混ぜ合わせる。

3. フライパンに揚げ油を2センチ深さまで注ぎ、170°Cに温める。

2を大きめのスプーンですくって平らに整え、揚げ油に入れる。

中火で1~2分間揚げて周りが堅くなったら上下を返す。

さらに1~2分間揚げて火を通す。

4. 油をきって器に盛り、混ぜ合わせたおかかじょうゆをのせて食べる。

ゴーヤーのにんにくじょうゆ漬けのレシピ

材料(つくりやすい分量)

ゴーヤー:1本(200g)
にんにく:1/2かけ

<A>
砂糖:大さじ1/2
塩:小さじ2/3

<B>
ごま油(白):大さじ1
しょうゆ:大さじ1/2

作り方

1. ゴーヤーは縦半分に切り、ワタを除いて2ミリ厚さの薄切りにする。

Aをまぶして15分間ほどおく。

軽くもんで水けを絞り、沸騰した湯に10~15秒間くぐらせ、 冷水にとって水けを絞る。

2. にんにくはせん切りにし、水でサッと洗って水けを拭く。

3. ジッパー付き保存袋にBとゴーヤー、にんにくを入れて軽くもみ込む。

空気を抜いて口を閉じ、 冷蔵庫に30分間以上おいて味をなじませる。

好みでそうめんと一緒に食べても。

おすすめ記事!

今日の感想とまとめ

参考になりました。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ