【きょうの料理】飛田和緒さんのきゅうりレシピ3品!きゅうりと豚肉の卵炒め・きゅうりと鶏肉の梅煮・きゅうりのカリカリ(7月29日)

テレビで紹介(番組別) レシピ きょうの料理

2019年7月29日NHKテレビ番組のきょうの料理の旬を迎えたグリーン夏野菜をおいしく食べるレシピで放送された、「きゅうりレシピ3品!きゅうりと豚肉の卵炒め・きゅうりと鶏肉の梅煮・きゅうりのカリカリ」の材料と作り方をご紹介します。教えてくれたのは料理研究家の飛田和緒さん。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら



スポンサーリンク

きゅうりと豚肉の卵炒のレシピ

材料(2人分)

きゅうり:3本(300g)
豚薄切り肉:80g
卵:3コ

砂糖
サラダ油
しょうゆ
黒こしょう(粗びき)

作り方

下ごしらえをする

きゅうりは縦半分に切り、種をスプーンでこそげ取る。

1cm幅の斜め切りにして塩2つまみをまぶし、5分間ほどおいて紙タオルで水けを押さえる。

豚肉は一口大に切り、塩1つまみをふってもみ込む

卵はボウルに割りほぐし、塩1つまみ、砂糖小さじ1を加えて混ぜる。

きゅうりは種を除くと、仕上がりが水っぽくならない。

炒める

フライパンにサラダ油大さじ2を強めの中火で熱し、1の卵液を一気に流し入れて大きく混ぜる。

半熟状になったら、一度取り出す。

同じフライパンに豚肉を入れて中火で炒め、肉の色が変わったら、きゅうりを加えて炒める。

卵を戻し入れて仕上げる

きゅうりに油がなじんだら、鍋肌からしょうゆ小さじ1/2を回し入れ、サッと混ぜる。

2の卵を戻し入れて手早く炒め合わせ、器に盛って黒こしょう適量をふる。

スポンサーリンク

きゅうりと鶏肉の梅煮のレシピ

材料(2人分)

きゅうり:3本(300g)
鶏もも肉:1枚(250g)
梅干し(塩分15%):2コ
だし:カップ1

うす口しょうゆ

作り方

1. きゅうりはピーラーで皮をむき、4cm長さに切る。

鶏肉はサッと洗って紙タオルで拭く。

余分な脂肪を除いて一口大に切り、 塩2つまみをまぶす。

2. 鍋にだしときゅうり、鶏肉を入れ、梅干しを軽くつぶして加え、中火にかける。

沸騰したらアクを取り、うす口しょうゆ大さじ1を加え、落としぶたをして弱めの中火で10~15分間煮る。

3. 鶏肉に火が通ったら火を止め、冷ましながら味を含ませる。

冷蔵庫で冷やしても、温め直してもおいしい。

きゅうりのカリカリのレシピ

材料(つくりやすい分量)

きゅうり:5~6本(600g)

<A>
しょうゆ:カップ1/2
みりん:カップ1/2
酢:カップ1/2
※きゅうりが完全に浸れば、 各カップ1/3にしてもよい。

作り方

下ごしらえをする

きゅうりは大きめの乱切りにする。

※火を通すと縮むので、大きめに切る。

※味がよくしみるよう、断面の大きい乱切りに。

煮立てる

鍋にAを合わせて中火にかけ、 煮立ったらきゅうりを加える。

鍋ごと入るくらいの大きいボウルに氷水を用意しておく。

※好みで、煮汁に赤とうがらしや、しょうがを加えて風味をつけてもよい。

鍋ごと急冷する

再び煮立ったら火から下ろし、 鍋ごと氷水に当てて完全に冷ます。

これを4~5回繰り返し、きゅうりの皮にしわが寄ったら 汁ごと保存容器に入れて冷蔵庫で冷やす。

保存期間

冷蔵庫で3~4日間保存可能。

今日の感想とまとめ

参考になりました。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ