【きょうの料理】坂田阿希子さんの初夏の果実の保存食の作り方!いちじくのコンポート・メロンコンポート・きゅうりシロップ・プラムとしょうがレモンのジャムのレシピ(6月26日)

テレビで紹介(番組別) きょうの料理

2019年6月26日NHKテレビ番組のきょうの料理で放送された、「初夏の果実の保存食の作り方!いちじくのコンポート・メロンコンポート・きゅうりシロップ・プラムとしょうがレモンのジャムのレシピ」の材料と作り方をご紹介します。教えてくれたのは料理研究家の坂田阿希子さん。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら



スポンサーリンク

いちじくのコンポートのレシピ

材料(つくりやすい分量)

いちじく:9~10コ
グラニュー糖:160g
白ワイン:カップ1
シナモンスティック(半分に折る) :1本
レモン汁:1/2コ分

作り方

1. ボウルに氷水を用意しておく。いちじくは熱湯でサッとゆでて氷水にとり、皮をむく。

2. ホウロウまたはステンレスの鍋に水カップ1と白ワイン、シナモンスティック、グラニュー糖を入れて強火にかける。沸騰し、グラニュー糖が溶けたら、レモン汁を加える。

3. 火を止めていちじくを加え、ガーゼなどで落としぶたをする。 弱火にかけて10~15分間煮る。

4. 火を止めて冷まし、粗熱が取れたらシロップごと保存容器に移す。冷蔵庫で冷やして食べる。

保存期間

冷蔵庫で4~5日間
※煮沸消毒した密閉容器に入れて、常温で半年間

スポンサーリンク

メロンコンポートのレシピ

材料(つくりやすい分量)

メロン(アンデスメロンなど) :1コ
グラニュー糖:150g
白ワイン:カップ1/2
バニラビーンズ(あれば):1本
マディラ酒:大さじ1

作り方

1. メロンは半分に切って種を取り、くりぬき用スプーンで丸くくりぬいてボウルに入れる。果汁も一緒に入れる。バニラビーンズは縦に1本切り目を入れる。

2. 鍋に水カップ1とグラニュー糖、白ワイン、バニラビーンズを入れて火にかけ、沸騰してグラニュ一糖が完全に溶けたら火を止めてマディラ酒を加える。

3. 1のボウルに2のシロップを注ぎ、粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間以上おく。

保存期間

冷蔵庫で 2~3日間

きゅうりシロップのレシピ

材料(つくりやすい分量)

きゅうり(縦半分に切り薄切り):4~5本
ディルシード:小さじ4
コリアンダーシード:小さじ4
アニスシード:小さじ2
フェンネルシード:小さじ2
ジャスミンの花(乾):小さじ4
ライム(ノーワックスのもの/輪切り):2コ
グラニュー糖:800g

作り方

すべての材料と水カップ2を鍋に入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にし、40分間煮る。

粗熱が取れたら密閉容器に移す。

炭酸水で割って飲む。

保存期間

煮沸消毒した密閉容器に入れて、常温で1年間

プラムとしょうがレモンのジャムのレシピ

材料(つくりやすい分量)

プラム:500g
グラニュー糖:300g
しょうが(ごく細いせん切り):20g
レモン汁:大さじ1
しょうがの搾り汁:少々

作り方

1. プラムは皮をよく洗い、水けを拭く。種付きのまま4~6等分に切る。 ホウロウまたはステンレスの鍋に入れてグラニュー糖の半量を加え、全体を混ぜる。

2. 強めの中火にかけてへらで混ぜ続ける。沸騰したら弱めの中火にし、果肉をへらでくずす。全体になじんできたらしょうがを加えてざっと混ぜ、火を止めてレモン汁としょうがの搾り汁を加える。あんずジャムと同様にふたをして1時間~一晩おく。

3. 残りのグラニュー糖を加えて中火にかけ、沸騰したら火を 弱めて好みの堅さになるまで煮詰める。種を除き、あんずジャムと同様に瓶に詰め、保存する。

保存期間

未開封で1年間。

開封後は 冷蔵庫に入れ、 早めに食べきる。

今日の感想とまとめ

参考になりました。

「きょうの料理」の記事一覧はこちら

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ