【きょうの料理】ワタナベマキさん!らっきょうの甘酢漬けのレシピ!黒酢漬け・しょうゆ漬けの作り方!下処理と選び方も(6月5日)

テレビで紹介(番組別) レシピ きょうの料理

2019年6月5日NHKテレビ番組のきょうの料理の初夏の手仕事「らっきょう・新しょうが」で放送された、「らっきょうの甘酢漬けのレシピ!黒酢漬け・しょうゆ漬けの作り方!」の材料と作り方をご紹介します。下処理と選び方も。教えてくれたのは料理研究家のワタナベマキさん。



スポンサーリンク

らっきょうの下処理

材料(つくりやすい分量)

らっきょう(泥付き):500g

下処理

① ボウルにらっきょうを入れ、流水で洗いながら軽く薄皮をむく。 泥が落ちて水がきれいになるまで、2~3回繰り返す。

② 芽と根元をしっかり切り落とす。

ポイント!中途半端に残すと歯ざわりが悪くなる

③ 再びボウルにらっきょうを入れて水をはり、今度は丁寧に薄皮をむく。傷があるものは傷がなくなるところまでむく。

④ ざるに上げて水けをきり、紙タオルでしっかり拭く。このとき、汚れがあるものや傷がついたものは取り除く。

ポイント!水けが残ると傷みの原因になるので注意
スポンサーリンク

らっきょうの甘酢漬けのレシピ

材料(つくりやすい分量)

らっきょう(上記の下処理をしたもの):全量

<A>
米酢:カップ2
きび糖(または砂糖):250g
塩:大さじ2

作り方

鍋にAを入れて中火で沸騰させ、 砂糖を溶かしながらアクを取り除く。

消毒した保存瓶にらっきょうを入れて、アツアツのAを注ぎ、すぐにふたをする。

食べ頃

1か月後からがおいしい。

フレッシュ感を楽しむ場合は1週間後から。

保存期間

常温で半年間。

半年間以上おく場合は冷蔵庫へ入れる。

黒酢漬けのレシピ

材料(つくりやすい分量)

らっきょう(上記の下処理をしたもの):全量

<A>
黒酢:カップ2
きび糖(または砂糖):200g
塩:大さじ2

作り方

鍋にAを入れて中火で沸騰させ、砂糖を溶かしながらアクを取り除く。

消毒した保存瓶にらっきょうを入れて、アツアツのAを注ぎ、すぐにふたをする。

食べ頃

食べ頃1か月後からがおいしい。

フレッシュ感を 楽しむ場合は1週間後から。

保存期間

常温で半年間。

半年間以上おく場合は冷蔵庫へ入れる。

しょうゆ漬けのレシピ

材料(つくりやすい分量)

らっきょう(上記の下処理をしたもの):全量

<A>
しょうゆ:カップ1
みりん:カップ1
にんにく(つぶす):1かけ分
赤とうがらし(ヘタと種を取る):1本

作り方

鍋にAを入れて中火で1~2分間沸騰させアルコール分をとばす。

消毒した保存瓶にらっきょうを入れて、アツアツのAを注ぎ、すぐにふたをする。

全体がなじむように時々、瓶を揺すって混ぜる。

食べ頃

食べ頃1か月後からがおいしい。

フレッシュ感を楽しむ場合は1週間後から。

保存期間

常温で半年間。

半年間以上おく場合は冷蔵庫へ入れる。

らっきょうの選び方

芽が出すぎたもの、しわっぽいもの、傷があるものは避けて。

ふっくら 丸みを帯びたものを選びます。

今日の感想とまとめ

参考になりました。

この記事も読まれています
スポンサーリンク

ページの先頭へ